プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/03/08//Sat.
ボーイング「747-400」が、大阪空港に。
DSC_0966a.jpg

2014年1月12日
大阪空港にボーイング「747-400」が、
里帰り感謝フライトをしました。

この日は、飛行場や周辺の公園もいっぱいです。
大変混雑をしていたので、
飛行場から離れて撮影しました。

DSC_0970a.jpg

千里川からの撮影です。

今回、千里川から撮影される方が
おられましたのでメモを入れておきます。

407a.jpg

DSC_0113a.jpg

エンジンの回転があがると
滑走路には蜃気楼が見えます。

DSC_0335a.jpg

私は、着陸の方が撮影しやすいです。
機体によっては露出が異なり、
JALのように白い機体には、
若干EV値はプラスで補正をした方が好きです。

テイクオフ 時速300㎞
ランディング 時速200㎞
バックの空の状態によっては、EV値をプラスが私は好きです。

ボーイング737型機と同じように撮影すると
ボンバルディア社のようなプロペラ機は、
空中でプロペラは止まった状態となり作品的に面白くありません。
プロペラの動きを表現するために
シャッタースピードを遅くしての撮影が必要となります。

普段から、ファントム、ハリアー、ホーネット、
トムキャット、ブルーインパレスなどを撮影されている方には、
PSやUSのようなスピードを想像してください。
私のスピード感覚は、対潜哨戒機や救助飛行艇のメージなんです。

シャッタースピードにご興味があれば
またご連絡下さい。
以前撮影した時のデータを確認しますので・・・・。
今、シャッタースピードを覚えていませんので
あしからずご了承ください。



2014/03/07//Fri.
啓蟄 傘
DSC29a.jpg

昨日は、地面で冬籠りしていた虫たちが、
春の暖かさを感じで穴から出てくる「啓蟄」でした。
しかし、大阪でも雪が舞う寒さでしたから
虫たちも冬だと思いまた冬籠りをしたでしょう。

DSC_0025a.jpg

起きて寒いとベッドの暖かさが恋しいです。
後少しだけと思いながら二度寝です。
その先は、ご想像の通り
時計を見て大慌てしている私です。

DSC_0061a.jpg

画像くらいは、目が覚める色でお楽しみ下さい。

続き...
2014/03/03//Mon.
梅田スカイビル 空中庭園
_DSC7028a.jpg

DSC_0006a.jpg

DSC_0024a.jpg

DSC_0086a.jpg

_DSC7357a.jpg

空中庭園と呼ばれる梅田スカイビルは、
建設して20年近くにまります。

左右にビルを建て、
最上階の部分は、
朝から数時間をかけて、ゆっくりと上がっていきました。

大変印象的な建物ですが、
今や海外でも「世界を代表する20の建造物」に選ばれ、
「未来の凱旋門」と紹介をされています。

2014/02/27//Thu.
綾部山梅林
未加工00118a

未加工a

24ヘクタールの広さがある綾部山梅林は、
梅酒になる白梅の玉英が目につき、
山の斜面が白梅のベールに包まれ、
そのベールに色を添えるように
自然交配様のピンクや紅いろの梅が
アクセントになっていました。
現在は、約25000本の梅が植栽されているそうです。

今は市町村合併をして
たつの市になりましたが、
以前は御津町として「御津の黒崎の梅林」などとも言われていました。

遠浅の新舞子の海岸近くに綾部山梅林があるので
大阪から梅を見ながら
潮干狩りを楽しみに行こうと
気の早い方がおられます。

綾部山梅林の西側には、
「世界の梅公園」があります。
こちらは中国風の建物があり約350種類の梅の木がいっぱいでした。

2014/02/24//Mon.
世界遺産「厳島神社」
DSC_0153a.jpg

DSC_0161a.jpg

日本三景の一つで、
世界文化遺産に指定をされた
瀬戸内海の厳島神社は、
推古天皇が即位した時に創建され、
1168年、平清盛により
現在のような様になりました。

DSC_0153b.jpg

厳島神社は、
朱塗りと桧皮茸の荘厳な寝殿造りで、
満潮になると海に浮かびます。

DSC_0363a.jpg

2014/02/21//Fri.
瀧安寺 「菊の御紋」
_DSC7839a.jpg

_DSC7833a.jpg

_DSC7808a.jpg

瀧安寺は、古くから皇室と関係があるお寺なので
境内のいたる所で菊の御紋を見ることができます。

(撮影日 2014年2月14日)



2014/02/19//Wed.
空中庭園から
_DSC7345a.jpg

_DSC7458a.jpg

_DSC7459a.jpg

ブログの更新を長らく休んでいました。
サイトをご訪問して下さる方々に
ご心配をいただきありがとうございます。
私は、元気に諸用と睨めっこ中です。
大変申し訳ありませんが、
今しばらく漸次更新となります。

よろしくお願い申し上げます。

この日は、サイトの方と撮影をしました。

掲示板を再開しましたのでお気軽にどうぞ。



2014/02/17//Mon.
箕面「梅屋敷」
_DSC7760a.jpg

2川床DSC_0009

大正時代の建物が、
保存されています。

2014/02/15//Sat.
雪の北摂から
_DSC7778a.jpg

確定申告書を提出に出掛け、
その足で雪の滝道を歩きました。
紅葉とは違う姿に寒さも忘れ佇んでいました。

<瀧安寺について>

4箕面DSC_0017

瀧安寺は、日本初の弁財天で1400年近い歴史があり、
山岳信仰修験道の根本道場です。

650年に役小角(役ノ行者)が、
滝のそばで修行の後、
「箕面寺」として創建しました。
空海や日蓮、
そして蓮如などもここで修行したといわれています。

南北朝の時に後醍醐天皇が隠岐の島に流された時、
皇太子からの依頼で
寺が書状お送り助け出したために
天皇から「瀧安寺」を賜ったとも言われているそうです。

織田信長の兵乱などで焼失したため
江戸時代に
阪急箕面駅から1キロの北のこの場所に再建しました。
本堂は、後水尾天皇の寄進だそうです。

2護摩DSC_0371

護摩DSC_0022

7日の採灯大護摩供「行者堂戸扉閉法要」は、
現在も役の行者ゆかりの山伏姿の行者たちがホラ貝を吹き、
古式通りに護摩供養が行われます。

瀧安寺DSC_0109

紅葉の瀧安寺

2014/02/14//Fri.
大阪空港
_DSC7695b.jpg

_DSC7693b.jpg


ボーイング747-400D型機が、3月に引退するので、
その前に大阪空港へ里帰りし、感謝イベントがありました。
大阪空港はもちろん周辺も大渋滞でした。
あまの渋滞に、阪神側から眺めることにしましたが、
自宅から眺めた方が良かったかも・・・・。

(撮影日 2014年1月12日)
2006年3月31日 大阪空港最終フライトの画像です。
大阪空港「さよなら747型」をどうぞ。

DSC7527b.jpg

_DSC7512b.jpg

アレンジをいただきましたので、
早速テーブルフォトを楽しみました。


2012/03/15//Thu.
大阪城 「烏城」
烏城DSC_0002
15時過ぎに大阪を出発して
薄暮に染まる「烏城」を見てきました。
城の周囲は、
河川に囲まれており
夕暮れになると川面も赤く染まりました。
車を降りて、
じっくりと撮影をしたかったのですが、
動く車の助手席から
強引に撮影をしました。

川面に映る烏城も美しかったので
その風景に後ろ髪をひかれました。

新幹線で新大阪から岡山まで「45分」です。
また出掛けたいお気に入りの場所です。

夜の姫路城DSC_0113

以前も薄暮の白鷺城を狙ってみましたが、
薄暮に染まる「城」の姿は、
凛としていますが、本当に華やかです。

2012/03/05//Mon.
コゲラ
コゲラ_DSC5707a

本日は、啓蟄です。
厳しい冬に地面の中で
じっと冬こもりをしていた虫たちが、
春の陽気に誘われて
地面からはい出てくる季節です。

そんな季節の中、
早咲きの梅の甘い香りを楽しんでいると、
傍らの木々では、
コゲラが、「ギー、キッキ」と鳴いたり
幹を「コンコンコン」とつついて
幹に隠れた虫を
驚かしては、ついばんでいました。

寒さをしのいで、
幹の穴に隠れていた虫も
コゲラに大慌てをしているのでしょうね。

<撮影の舞台裏>
私の周囲では、
皆さん梅を鑑賞中です。
そんな中、
一人、コゲラ狙っています。

光玉を狙える場所に
コゲラが来てくれるまで
じっとしながら木を見上げていました。

2012/02/18//Sat.
大阪万博公園の水仙
梅DSC_0125a
雪のように白い水仙の花が、
甘い香りを漂わせて咲いています。

水仙DSC_0137a
画像は、待雪草ではなく水仙ですが
この風景を眺めていると
真冬の森へ待雪草を捜しに出かける
森は生きている「12月の物語」を思い出しました。
まるで妖精が出てきそうな光景です。

(撮影日 2012年2月) 
大阪万博公園にて


2012/01/23//Mon.
寒中お見舞い申し上げます。
DSC_0196a.jpg

寒中お見舞い申し上げます。

一年で一番寒い大寒の季節となりました。
くれぐれもお自愛下さいね。

(撮影場所 露天神社)


2011/11/28//Mon.
勝尾寺の紅葉とライトアップ
あ夜間勝尾寺DSC_0285

い夜間紅葉勝尾寺DSC5001

う夜間勝尾寺DSC_0159

太陽が沈みやがて境内は闇に包まれます。
しかし、太陽が沈んで闇が訪れる間には、
薄暮という素晴らしい時があります。

薄暮では、昼間の青空とはまったく趣が異なった
幻想的な青い空が見られますので、
そんな薄暮を狙ってみました。

え夜間勝尾寺DSC_0230

か夜間勝尾寺DSC_0224

き夜間勝尾寺DSC_0257

く夜間勝尾寺DSC_0243
生駒山から大阪空港へ着陸する
飛行機の光跡が見られます。

この週末にライトアップされた勝尾寺を
ファインダー越しに眺めてきました。
(撮影日 2011年11月26日)

<< back [TOP] next >>
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。