プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/19//Sun.
今週の大阪空港から
離陸DSC_0193

離陸DSC_0190
Take off!!
飛行機が、有馬山の方向に向かいながら
絶えず離陸しています。
上昇しながら左旋回をしますので、
バックは、神戸や淡路島入れるように
シャッターをきっています。

大阪空港の滑走路は、
A滑走路1828m×45m(14L/32R)と、
B滑走路3000m×60m(14R/32L) の2本があります。
通常の離陸は、
32L滑走路と32R滑走路使用し北西に向かって離陸しています。

撮影は、今週です。
夕焼け離陸する飛行機は、
大阪発、東京行き ボーイング777ー200や
高知行きボンバルディアなどです。

2010/10/31//Sun.
ハロウィン
ハロウィン

10月31日は、ハロウィンです。
今夜は、精霊、魔女などの悪霊達が、
姿を現すと言われていますので、
子供達が、
仮装をして悪霊を退散させます。

ハロウィンb

2010/08/22//Sun.
大阪空港と猪名川の花火
大阪空港a
昨日、8月21日は、
猪名川の花火大会でした。

自宅から花火を眺めようかと思っていましたが、
18時半過ぎに
伊丹空港から花火を見てみようと思いたち
慌ててリュックにカメラとレンズを入れ自宅を出発です。
大阪空港b
(離陸中の右舷灯)

花火を的確に見るなら
猪名川の河川敷や五月山ですが、
あえて19時過ぎのモノレールで大阪空港へ向かいました。

大阪空港c
(着陸中)

モノレールの車内は、
浴衣姿のアベックがあちらこちらで見られました。

花火会場の最寄り駅
「阪急池田駅や川西能勢口」に乗り換え出来るため
「蛍池駅」では、
ほとんどの人が降りため、
終着駅「大阪空港」へ向かう車内は、
まばらになりました。

ホームに降り立つと
花火の開始時間まで後数分です。
時計と睨めっこをして
送迎デッキに向かます。

モノレールの閑散とした車内を思いだし
私なりに送迎デッキの混み具合を勝手に想像しました。
この観客の数なら心ゆくまで撮影できると
心躍らせながら送迎デッキの階段を駆け上がり
重い扉も軽々と開けました。

しかし、扉の先では、
花火を見る人で溢れています。
急にリュックサックがずっしりと背中に食い込んできました。
「数年前までは、デッキの人なんて少なかったのに」と、
悔やまれますが、
こうなると花火の撮影はあきらめます。

夜間飛行へと目的変更です。
大阪空港d
(飛行場の作業車の光跡)

私の好きなトリプルセブンです。
大阪空港20時発東京行きの
ボーイング社のトリプルセブンへ心変わりです。
大阪空港e
(離陸中の左舷灯と尾翼の光)

20時頃にもなると昼間とは事なり
航法灯の光跡がはっきりとしています。

右翼の先で緑色に輝く右舷灯、
左翼の先で赤色に輝く左舷灯、
そして尾灯の白色と
この光跡が美しいです。
大阪空港f
しかし、撮影となると
光跡が思うように表現できません。
2010年花火g

大阪空港からみた
昨日の花火は、
こんな感じです。


2010/07/20//Tue.
大阪空港
大阪空港DSC_0033

暑中お見舞い申し上げます。

大阪平野DSC_0017
昨日の大阪空港の風景です。
18時半頃には、
大阪、神戸、淡路島、四国が、
夕日に染まりました。


2010/01/21//Thu.
北摂から眺めた飛行機 
大阪空港DSC_0076
太陽は、季節により高さはもちろん、
日の出や日の入りの方角が異なります。
しかも気象条件によって
雲があったりし、
思った条件の朝焼けや夕景は、
チャンスが限られます。

自宅のベランダから
神戸、明石海峡へ落ちる夕日を眺めながら、
しかも太陽の中に
飛行機が入らないかと
太陽の動きと大阪空港から出発する飛行機を
数日間、眺めていました。

その結果、
大阪空港17:00発 松山行きのDH4が、
太陽の位置にきそうです。
あのボンバルディアQ400 DHC-8402です。

続き...
<< back [TOP] next >>
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。