プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/03/29//Mon.
瀬戸内の夕景
夕日からDSC_1765
先週の春分の日を利用して、
日本列島を西へと旅をしていました。
高速道路から見える山並みには
山桜がチラホラ見え
まさに「山笑う」季節を感じました。
夕暮れaDSC_0113
春を楽しもうとしましたが、
台風のような強風と黄砂、
そしてその後は雨ばかりと
思うような天候には恵まれませんでした。
しかし、
夕暮れ時、雨の合間をぬって
瀬戸内海の波打ち際を眺めたものです。
夕暮れDSC_0116

<一口メモ>
今回の撮影スポットは、
この時期、太陽は海に沈まず
達磨太陽の撮影はあきらめました。
撮影場所を徳山方面に移動するか、
山に登るべきでした。

夕日が染める瀬戸内の風景は、
寒さを我慢して眺める価値は十分でした。

2009/10/02//Fri.
朝焼け
朝焼けDSC_0020
今日も雲がたれ込めています。

秋霖前線が活発で、
秋の長雨となっており、
しかも
野分にもてあそばれた桜の葉が、
アスファルトの道に舞い落ち、
歩道を染めています。紅葉ももうすぐです。

2009/10/01//Thu.
山口県の海から
山口DSC_0002
秋霖の季節となりました。

シルバーウィークを利用して
一人ハンドルを握りながら
介護などのため山口へ出掛けていました。

山口DSC_0087

そんな中、家事の合間に
瀬戸内海の朝焼けや夕焼けを狙いました。
今回も達磨太陽を期待しましたが、
この日は雲に邪魔をされてしまいました。

今回の撮影は、逆光での撮影ですから
レフレックスレンズで撮影したいと思いました。








2009/07/25//Sat.
災害の山口県で立ち往生
山口aDSC_0008
(七夕の風景)

山口bDSC_0013
(瀬戸内海の風景)

本日も九州や山口では、記録的な大雨です。

先週、連休を利用して出掛けた先で
観測史上記録的な大雨と災害に遭遇しました。

童謡「通りゃんせ」の一節に
「行きは良い良い帰りは恐い」とありますが、
まさに今回のドライブは童謡そのものです。

21日、佐賀市役所で用事を終わらせると
時刻は午前9時5分です。

カーナビを自宅に設定すると

「走行距離655キロ、
自宅到着時間16時25分」が、
表示されました。

女の私が運転しても
これなら暗くなる前に帰宅出来ると予定しました。

「午後五時前なら途中、
どこかで数分でも撮影できるといいなあ?」なんて
期待をしながら往路を出発しましたが、
走り始めて数分後、雨がポツポツと降り始めました。
それは、さらなるハプニングの始まりでした。

<撮影の舞台裏>
画像は、連休初日の
山口県岩国市の瀬戸内海の風景です。
マリンスポーツを楽しむ姿が印象的でした。
続き...
2009/05/05//Tue.
2009年 若葉の錦帯橋
錦帯橋DSC_0125
1673年、
中国西湖の橋をモデルに、
約200メートルの
日本三名橋「錦帯橋」を創建しました。

錦帯橋DSC_0124

木造の五つ太鼓橋からなり、
左と右それぞれは木の橋桁、
そして流れが速い中央部分は
石の台にし三つの連続アーチになっています。

錦帯橋DSC_0104

3日、渋滞の山陽自動車道を走り
山口まで出掛けてきました。
高速道路なのですが、
それなりに走れたのは、
限られた一部の区間だけでした。

錦帯橋DSC_0100

まずは問題の宝塚トンネルの渋滞をこなし、
ほっとしたとたんに加古川辺りで又渋滞です。
時速50キロのスピードで走れば
まだよしとしないといけません。
後は20キロ以下、
ついには兵庫と岡山の県境あたりでは、
完全に車が停車しました。
少し走っては、
十数キロの渋滞ばなりで
兵庫、岡山、広島、山口と
何れでも渋滞情報や事故情報ばかり表示や
カーナビからは絶えず音声で案内がありました。

錦帯橋DSC_0093

ETC利用では1000円の恩恵と言っていますが、
赤ちゃんからお年寄りまで
国民一人当たり4200円も税金を投入しているので
あまり喜んでいられません。

山陽自動車道では、
近場の移動に
高速道路を移用したと思われる車が
至る所に見られました。

おまけにSAもいっぱいです。
やっと入った小さなSAから
本線に入ろうとして加速を始めると
不慣れな車は止まっています。
しかも安全地帯はもちろん
路肩に停車した車があちらこちらで目に付きました。

錦帯橋DSC_0091

去年までのGWの高速道路とは、
まったく違う様子にとまどい
帰りは、中国自動車道を利用しました。
思ったように
米子への分岐などで7キロの渋滞でしたが、
長距離の車が
相対的に多いいように思いました。

2月に確定申告をしながら
萩の椿見物に出掛けた時も、
今回と同じように山陽自動車道と
中国自動車道を走りました。

センターラインが3本しか見えない濃霧や
雪が舞う中の運転でしたので
その時より運転しやすいと思ったのですが、
その予想は見事打ち砕かれたGWの高速道路でした。
おまけに一人で
大阪から九州まで運転した時より疲れちゃいました。

高速道路の制限速度「最低速度」を痛感したドライブでした。

途中、渋滞で止まった時に
助手席に座っていた家族が、
四国の高速道路を走っている愚息にメールを入れ
渋滞を確認すると
こちらは、30分もサイドブレーキを上げたままだと
怒っていました。

日本列島何処でも渋滞したGWです。



<< back [TOP] next >>
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。