プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/03/20//Thu.
花見小路 「一力亭」
一力1DSC_0059a

一力2DSC_0064a

一力3DSC_0054

一力4DSC_0015a

一力亭は、祇園の中で最も格式がある「お茶屋」さんです。
一力亭は、新撰組の近藤勇が訪れたり、
人形浄瑠璃や歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」では、
「大石内蔵助」をモデルとした大星由良之助が、
敵の目を欺くために
通うお茶屋として登場をしました。

一力亭は、その昔「万春楼」と言い、
屋号は、「万」です。
「万」を上下にわけて一力亭となりました。
ちなみにこのお店のマッチには、
お店の住所がありません。
それは、住所すら言わなくて良いほど
有名なお店だからですね。

憧れの場所です。
敷居が高くご縁がありません。

ある夜、数名の舞妓や芸妓さんが、
お客様を見送る姿を拝見しました。
その美しい立ち振る舞いに見とれてしまいました。
着物は、色とりどりですが、
息がぴったりそろったお辞儀でした。

なお、舞妓や芸妓さんが、
お店や師匠さんへ、
挨拶に回る「八朔」は、
カメラマンが増えすぎて、
撮影を断念しています。










ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/927-c1def264
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。