プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/12/13//Tue.
猿沢の池
20051213053520.jpg

20051213053534.jpg

20051213053547.jpg

20051213053619.jpg

20051213053639.jpg

20051213053654.jpg

20051213053725.jpg

20051213053750.jpg

20051213053812.jpg

20051213053824.jpg

20051213053837.jpg

20051213053851.jpg

20051213053904.jpg

1.jpg

20051213053918.jpg
猿沢の池から五重塔を見る眺めは、奈良を代表する風景の一つです。

天皇の寵愛が薄れたと嘆いき悲しんだ采女がこの猿沢の池に身を投じたため、
その霊を慰めるために池の畔に采女神社が祀られました。
中秋の名月には、「采女祭」が行われ、この猿沢の池でも、竜頭船が浮かび雅楽の調べが流れます。
また九重塔の横に地蔵さん、その横に柳があり、采女が入水する時に、衣を掛けたと言われる「衣掛け柳」があります。
入水といわれていますが、他には、入水と見せかけて、生まれ故郷の恋人のもとへ向かったとも言われています。

吾妹子が寝くたれ髪を猿沢の池の玉藻にみるぞ悲しき 
(万葉集)より

朝目覚めた時、あなたの乱れ髪と池の藻をだぶらせて嘆き悲しんでいます。
なんと艶っぽい表現で恋人の思いを詠っているのでしょうか?
興福寺の五重塔が映る池の風景と対照的です。

>> 2005/12/13 20:56
シルエットが綺麗ね~
先月はカメちゃんは不発でした。
こんなに沢山いたのね。
>> 2005/12/14 00:14
kamakunさんの写真はもう完成されているのですね。

寝る前に見れて良かったです。
>> 2005/12/16 01:42
猿沢の池,九重塔,地蔵さんと初めて拝見させて頂きました。説明も付してありますので、大変わかりよく重宝させて頂いてます。人の歩く姿のシルエットこんな写し方もあるのですね。参考になりました。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/83-71933008
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。