プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/12/08//Thu.
京都南座・「まねき上げの夜景」 京都市東山区
20051208182407.jpg

20051208182424.jpg

20051208182444.jpg
京都の師走の風物詩に、「まねき上げ」があります。
人気の歌舞伎役者がそろう
南座の「吉例顔見世興行」があり、
今年は231年ぶりの坂田藤十郎襲名披露で
夜の四条でも目につきました。
「まねき」は、観客で埋まるようにとの願いから、 勘亭流と云う独特の書体で書いてあります。
文字に艶をだすために日本酒を混ぜて、
高さ180センチ 横幅33センチの檜の板に
「坂田藤十郎」の文字を見ることができます。

南座では、顔見世公演まで後何日と紹介をされており、
また、大阪歴史博物館や池田文庫でも上方歌舞伎の歴史を紹介する展覧会がありました。

初代藤十郎が演じた、男女の愛を写実的に描く「和事(わごと)」。
歌舞伎のその柔らかな仕草は艶やかではんなりとしています。


>> 2005/12/10 00:51
ka-ma-kunさんこんばんは。

「まねき上げ」初めて知りました。

東京の「歌舞伎座」よりも「京都南座」は洋風建築のような感じがいたしますね。拝見できてうれしいです。
ありがとうございました。
>> 2005/12/10 01:01
南座のこんな風景初めて見ました。
懐かしいです、この近くに南米インカ料理の森繁があります。独身時代よく行きました。機会があれば行って下さいね。
>> 2005/12/10 07:13
綺麗に写されてますね。有難うございました。今まで京都へ行ったときは、いつも四条河原町の付近で宿をとってましたので、祇園へ行くときいつも南座の横を通っていました。懐かしい写真を有難うございました。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/76-e6f93dd4
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。