プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/11/26//Sat.
蓮華寺(京都市左京区)
20051126210121.jpg

20051126210138.jpg

20051126210230.jpg

20051126210254.jpg

20051126210311.jpg

20051126210326.jpg

20051126210344.jpg

JR京都駅から地下鉄に乗り、国際会館で降り、先日のブッシュ大統領の来日時、プレスになった国立国際会館へ向かいました。その後、宝ヶ池、そして、宝ヶ池公園、宝ヶ池こどもの楽園を通り、白川道りを横切り、高野川沿いに、大原街道を歩き、蓮華寺へ出掛けました。
蓮華寺は、今の京都駅付近にあった浄土教系の古寺で、応仁の乱後、荒廃していたのを寛文二年(1662年)、加賀前田家の老臣 今枝民部近義が、祖父 今枝重直の慕提のために、この場所に移し再興したそうです。
再興には、石川丈山や、加工探幽、木下順庵、黄檗の隠元禅師などその当時の著名な文化人が協力したそうです。
池泉鑑賞式庭園は、江戸時代の名園で石川丈山作です。
時間が止まるような場所で、
書院の畳の上に座り、柱を額に見立ててこの風景を楽しむと、柱の額ごとに違う「額縁紅葉」を楽しめます。
縁側に座りたい気持ちがいっぱいですが、遠慮をしてお座敷の奥から楽しんでみるとまた違った風景を楽しめました。
池泉は、高野川の流れを利用しており、水面に映る鶴島、亀島は、仏様の世界を表しており仏様が蓮の上に座る姿を表現しているそうです。
この「静の池」の横には、「動の池」があります。
こちらはお抹茶を戴く時に拝見できました。
本堂前には、お茶席でよく見かける六角の形をした「蓮華寺型石灯籠」があります。
また本堂の天上は、「龍」で相国寺などを想像しながら、その前にある厨子の繊細な彫刻を見ました。(ライトが置いてあり、
観光タクシーの運転手さんが、お客様へライトで照らしながら説明をされていたのでつい一緒に拝見をしました。

なお交通機関では、京都バスでしたら「三宅八幡」や「上橋」で下車です。
叡山鉄道なら「三宅八幡駅」をご利用出来ます。
駐車場は、大原街道沿いにあり、その奥がお寺ですが、この大原街道は、「鯖街道・若狭街道」と言われ、今も大原へぬける主要な道で車が多いです。でも山門をくぐりこの境内にると喧騒は忘れます。

>> 2005/11/26 21:09
写真見ているだけでも心があらわれます。
ありがとうございました。
>> 2005/11/26 21:42
ギャブファンさん、素敵な音楽をありがとうございます。
渡辺真智子さんのライブ・・・。
「かもめ・・・・」
あの伸びやかでパワフルな歌声がお客様を包み込んだでしょうね。
これからも素敵なライブを宜しく。

ありがとうございました。
>> 2005/11/26 23:09
いいですねえ、こんなところで
寝たいですね。何なんでしょうね、写真に品格があります。
撮る人の品格なんでしょうね。
>> 2005/11/27 19:32
蓮華寺の紅葉を拝見させて頂きましたが、とても素晴らしい画像を有難うございました。まるで絵はがきのような綺麗な写真ですね。特に6枚目の画像の色彩が、変わってますね。ホワイトバランスの調整であのような青味の強い色彩が得られるのでしょうかね。
>> 2005/11/29 00:38
ka-ma-kunさんのブログを見ていると
どこでも行きたくなります!

4枚目の「もみじ」もさすがです(^_-)

このお寺もステキです♪
広いお座敷のあるお寺ですね(^○^)/
>> 2005/11/29 20:11
ココにコメント宜しいですか
蓮華寺はまだ知らないおてらなんですが美しい紅葉を見せていただいていると
すぐにでも行きたくなります。
素晴らしい紅葉と落ち葉 ステキですね。
こんな写真が撮れたらな~~~
心が洗われるような空間です。
いつもいいものをありがとう。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
??ι
2005年11月27日、新座市野火止の平林寺(ヘイリンジ)の紅葉を見に行きました。平林寺は関東地方では大変格式の高い、臨済宗妙心寺派の歴史ある有名な寺院の一つです。今から600年前、大田備中守春桂によって岩槻市に創建された。その後徳川時代に川越藩主松平
//デジカメの館 2005/11/29 18:54
蓮華寺 雪の庭
立春とは名ばかりの寒波到来ですね。洛北にある蓮華寺。今朝、1時間ほど降り積もった雪で蓮花寺の名庭は雪景色と化していました。
//京・壷螺暮2006 2006/02/04 21:06
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/68-4b37d54f
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。