プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/02//Fri.
現在 ぼたんが満開 日本一の牡丹の寺 「長谷寺」 (奈良県桜井市)
長谷寺あDSC_0071

長谷寺いDSC_0077

長谷寺うDSC_0097

長谷寺えDSC_0099

長谷寺おDSC_0046

長谷寺かDSC_0083

長谷寺きDSC_0042

長谷寺くDSC_0064

昨日は、3dayチケットを使って、
奈良県桜井市の長谷寺へ
牡丹の花を見に行って来ました。

長谷寺は、大和と伊勢を結ぶ初瀬街道を見下ろす
小初瀬山の中腹にあります。

長谷寺は、686年、道明上人が
天武天皇の病気治癒のために建立したものです。
本堂は、徳川三代将軍家光公の寄進で再建されています。

四季折々の花々が、
本堂から眺める初瀬の風景や、
五重塔や仁王門、伽藍の美しさに
季節事に色をそえ、華やかさをそえます。
境内には、春は桜、夏は紫陽花、秋は紅葉、冬は寒牡丹が咲き、
花の寺としても有名です。

長谷寺と聞くとやはり、「牡丹」が有名です。

唐の皇后「馬頭(めず)夫人」が、
観音様の霊験を得たお礼に牡丹を献木したのが始まりと言われ、
現在は、回廊の両脇にはもちろん境内のいたる場所に、
150種類7000株の牡丹があり「日本一の大牡丹園」です。

<一口メモ>
この長谷寺は、「源氏物語」「更級日記」「枕草子」に登場します。
現在も境内には、
ひとつの根元から二本の幹が延びた
「源氏物語・玉鬘」に登場する「二もとの杉」や
玉鬘の大銀杏もありました。

普段は急行が止まらない長谷寺駅にも、
臨時停車をしていました。

以前5月11日に牡丹の観賞に出掛けましたが、
雨に遭い花が傷んでおり残念な思いをしましたので
今回は、GW中に出掛けてみました。

「お花は満開でした。」

しかも緑の桜、「リョクガク」が満開で、
山吹、つつじ、さつき、平戸ツツジ、
花ずおう、藤、ハナミズキ、椿を見ることができました。

この山門のお店が大好きです。
この山門に来るとクズ粉や素麺など
ここでしか手に入らない特産品を今回も買って帰りました。(笑)

真言宗豊山派総本山
西国観音霊場第八番です。

その新緑が紅葉すると


ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking

>> 2008/05/02 07:51
撮影中に「三分咲きでしょう?」と、お花情報を問い合わせをなさったサイトの方へ

「ご覧のように満開です。」

来週は、遅いです。もう傷んだお花もありますから今週中がお勧めです。

以前、お庭の牡丹が終わると 回廊に鉢の牡丹が並んでいましたよ。撮影はしれなりに出来ました。

なお5月6日まで
長谷寺から室生寺への「臨時バス」が出ています。
11時~15時まで1時間2本
運賃は、片道大人830円でした。

>> 2008/05/03 04:51
満開の長谷寺の牡丹を見せてくださってありがとう。

このところ野暮用が忙しくて遠出が出来ません。
近場で業を煮ゃしております。
一昨年の楽しかった仲間会が思い出されます。
>> 2008/05/04 00:29
長谷寺の牡丹・・画像にて楽しませていただきました。

昨年7月初旬にツアーで行きましたが、あじさいが
満開でしたね。

牡丹は鮮やかで美しいでしょうね。
花寺第六番の「隆国寺」に行きましたが、こちらを拝見する限りでは比較になりませんね。

有難うございました。

ランキング・・UPのようですね。
>> 2008/05/04 08:19
素晴らしい長谷寺の牡丹を拝見させて頂きました。
3枚目の石楠花、とても綺麗ですね。こちらも石楠花は良く撮影しますが、このピンクの花とか真紅の花の撮影は本当に難しいです。色とびなどが発生して、花ビラの輪郭が潰れてしまうことがしばしばあります。拝見の石楠花は見た感じそのままで素晴らしいです。
5枚目の牡丹は最初見たとき中国の絵画などで見かける牡丹のように感じました。神代植物公園とか上野東照宮の牡丹園でも見かけない牡丹です。何かしら牡丹の原点のように見受けられました。とても画像の牡丹は印象的でした。バックのボケのグラデーションも最高です。有難うございました。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/591-f5c0188c
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。