プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/22//Tue.
勝尾寺の桜 「2008年4月21日現在」
勝尾寺あDSC_0039

勝尾寺いDSC_0020

勝尾寺うDSC_0013

勝尾寺えDSC_0268

勝尾寺おDSC_0222

勝尾寺かDSC_0258

勝尾寺きDSC_0015

勝尾寺くDSC_0032

勝尾寺けDSC_0009
勝尾寺こDSC_0250

勝尾寺さDSC_0062

勝尾寺しDSC_0021

勝尾寺すDSC_0025
(撮影日 2008年4月21日現在)
<一口メモ>
京都の仁和寺、原谷苑の桜や、
吉野の桜が満開の時期には、
毎年、この勝尾寺の枝垂れ桜も
豪華絢爛に境内を染めます。

石楠花もチラホラと咲いていました。
勝尾寺の石楠花です。
勝尾寺の桜です。

勝尾寺は、西国23番札所、法然上人第5番霊場、
日本最初三宝荒神で日本三荒神としても信仰されています。

境内の桜には、ソメイヨシノやカンヒザクラ、そして枝垂桜などがあります。
境内には、木蓮やマンサク、クリスマスローズが咲き乱れ、
春の訪れをお遍路さんに告げています。

奈良末期神亀4年(727年)善仲・善算両上人が草庵を構え、
光仁帝皇子開成(桓武帝の異母兄)が弥勒寺と名付けました。
この寺の仏法の祈願力には時の朝廷の権力も及ばず、
清和天皇の病気治癒を祈り効験したので王に勝った寺「勝王寺」の寺号を賜りました。
しかし寺は王を尾の字に控え、以来「勝尾寺」(かつおうじ)と号しています。
1184年の源平合戦で焼け落ちましたが源頼朝が再建し、
現存する薬師堂は源頼朝、本堂に山門は豊臣秀頼の再建です。

旧参道には寺までの距離を示す我が国最古の8基の石塔(町石)が現在も残っています。
源氏・足利氏などの覇者が勝ち運を祈り、今はスポーツや試験、選挙、商売など勝負の勝運の寺としても有名です。
石の階段を上がると、勝ちだるまが出迎えてくれます。

勝尾寺にあることば、
「すべては自分に勝つために」
誰に勝つより自分に勝つことが一番大切で難しいですね。
(パンフレットより)

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking

>> 2008/04/23 07:48
隈なく探訪されたようですね。
とても素晴らしい。
最中にお邪魔したようですが
撮影には邪魔にならなかったようです。(^^)v
>> 2008/04/23 14:39
KIKOさん、こんにちは。
吉野や御室と言われると、この境内は満開の枝垂れ桜となります。
吉野まで行かなくてもここで楽しめます。
マンサクやクリスマスローズなどもあります。
工事が終わるとまた皆さんに撮影会のご紹介をしますね。
>> 2008/04/24 08:48
:ka-ma-kun さん おはようございま~す♪
勝尾寺の枝垂れ桜綺麗に咲いてますねぇ。
少し濃いピンクのようで可愛い感じがします。
一度行って見たいなぁ~♪

昔に吉野の桜を見に行った事があるのですが こちらの満開の時期に合わせて行ってしまったので 全然咲いてなくガッカリして帰って来たことを思い出します(笑)
>> 2008/04/24 21:34
風に揺れる桜がいいですね~
だるまさんも、お花見で、ややお腹ぽっこり?(笑)
淡路のチューリップも、凄い数~~
一度、橋で渡ってみたいです。
造幣局の、しっとり桜も素敵でした~♪
動けば動くほど、お腹が減って、また食べる・・悪循環(;^^A
>> 2008/04/28 10:35
ka-ma-kunさんこんにちは。
ここの枝垂れ桜見事に二重の塔とまっちして色合いもピンクにそまり素晴らしい眺めですね。
この様な場所は未だ行ったことないので是非来年は此方のブログ紹介で勉強し計画地に入れたいと思っています。
>> 2008/04/28 18:06
ゆうりんさん、こんにちは。
箕面の山にも天然の山桜があります。
吉野には負けますが、楽しめます。
>> 2008/04/28 18:08
shihoさん、こんにちは。
明石海峡をお渡りやす。
お腹ぽっこりでの私でも橋は渡れましたよ。
>> 2008/04/28 18:11
ヒロシさん、こんにちは。
霧やガス、そして桜と猿など楽しめます。
京都や、吉野などより撮影がしやすいです。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/584-876daa65
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。