プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/27//Thu.
智積院(京都市東山区)
智積院あDSC_0058

智積院いDSC_0059

智積院う0704110063
長谷川等伯の「楓図」や、
長子久蔵が描いた「桜図」などの絵画で名高な智積院は、
真言宗智山派の総本山です。
国宝の障壁画があり、庭園は遠近法で名勝庭園です。

智積院は、以前紀州根来山に建立されていましたが、
豊臣秀吉の軍勢によって焼き払わたため住職は逃れました。
時代が豊臣秀吉から徳川家康になると、
智積院住職は、徳川家康に豊国社の一部と
豊臣秀吉が愛児鶴松のために創建した祥雲寺をもらい受け
智積院を再興しました。
歴史に翻弄されたお寺です。

<一口メモ>
梅やサツキも有名ですが、
私は枝垂れ桜が好きで、
この境内を歩きます。
桜の時期は、観光客が多いので「おんな坂」へ向かいました。
この近くには三十三間堂や、京都国立美術館、養源院などがあります。

食べ物に目がない私には、
ウナギの専門店「わらじや」や甘春堂などのお店が、
道すがらにありまさに関所です。
京都駅から歩いたのだから、ここで寄り道と心の葛藤がおこります。

「わらじや」は、創業400年でお店の由来は、
豊臣秀吉がここで休息してわらじを脱いだから付いたそうです。

「甘春堂」は、実際に数回抹茶腕として使える
干菓子で出来た茶寿器が有名です。

(京都市東山区)

また食べ物の関所で桜の紹介が脱線しました。
ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking

>> 2008/03/27 18:30
今年は何処へ行けるかなぁ~
ありがとう。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/564-804c26d0
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。