プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/14//Mon.
小京都の萩から(その1)
萩b0801031a
萩a080103DSC_0027
萩c0801030235a

今年初めての旅は、「小京都」の旅です。
今回は、幕末から維新に歴史を動かす原動力となった志士を生んだ
「萩」を訪ねてみました。

萩は、山口県北部にあり、
日本海に面し、
三方を山に囲まれた街です。

毛利輝元によって築かれた城下町があり、
徳川時代を現在も残す街です。

城下町では、武家屋敷や、
侵入者を阻止する鍵曲がりなどが残り、
しかも、城下町の至る所では、
土塀や石垣が見られ、
まさに古き城下町の風情を
堪能できる史跡です。

>> 2008/01/14 22:42
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>> 2008/01/14 23:02
萩といえば 夏みかん
おいでませぇ 山口へ ですね

土塀越しの夏みかん 来れはもう萩の原風景ですね
素敵です

私の行ったのは 椿さくころでした

そうそう お願いがあります
萩の虎が埼だったかな 椿の原生林 できたら ここ 写してきて下さい
以前写真雑誌で見たのです
椿祭りののぼりがあがっていましたが ツアーでは どうにもなりませんでした
>> 2008/01/15 06:31
TOSSYさんへ

この日は年末のカンパによる大雪で、
山口市を通り萩に向かいました。
雪の運転が不慣れな私には、スリップしやすい山道は苦手なので太陽が昇り自宅を出掛け、萩を散策して15時には帰途につきました。

ツバキまつりは有名なんです。
自生のツバキがあるあの場所は、植物学の恩師(小石川植物園卒)と訪れたお薦めのスポットです。
ツバキが有名ですが、山中では寒暖両植物が見られる場所なので懐かしくて今回も笠山の明神池までは出掛けました。でも残念なことに明神池が観光かをされており余りの様変わりに驚きました。
結局椿やコウライタチバナの自生地までは歩いていません。
またブログで紹介をしますね。
>> 2008/01/15 06:42
KIKOさん、おはようございます。

コメント藪入りですね。
我が家も米国の「サブプライム」が吹き荒れ、現在二次被害、三次被害と津波のように押し寄せています。
この余波は、企業の決算事に余波が押し寄せますね。サブプライムの次に怖いバブルを私からも藪入りでコメントをお返ししましたよ。
>> 2008/01/16 09:13
おかえりなさ~い♪

萩に行かれたのですね。
日本海雪は 大丈夫でしたか?

古風な街並み ゆっくりされて来られたのでしょうか?
お忙しそうですが まだまだ寒い日が続きますので 風邪などひかれませんように・・・
>> 2008/01/16 17:21
kamakunさま 寒中お見舞い申し上げます。

やっぱり冬は寒いですね。(*^-^*) ニッコリ☆

萩の町並みを拝見させていただき数年前にわが町が雪舟和尚とゆかりがあるという事で山口県立美術館・毛利邸・萩など散策いたしました事が思い出されまし
た。

歴史を動かす原動力となった萩! 感慨深い何かがkamakunさまの画像により訴えています。











ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/521-b7853db6
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。