プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/06//Thu.
地蔵院(竹の寺)・京都市西京区
20070906211027.jpg

20070906211057.jpg

20070906211119.jpg

20070906211134.jpg

20070908064952.jpg


地蔵院は、「竹の寺」とも言われています。
とんちで有名な一休禅師が、幼少の頃修養された寺です。
一休禅師は、後小松天皇の皇子としてこの寺の近くでお生まれになり、
ここで成長され、
6歳になられると安国寺に移って本格的な修行に入られたそうです。

1367年、細川頼之が夢窓国師の高弟宗鏡禅師を招請して伽藍を建立し、
夢窓国師が開山した寺です。
かつては大寺院でしたが、応仁の乱で焼失しています。
本堂の向かって左側には細川石と言われる細川頼之墓が、木の根元にありました。

<一口メモ>

偶然境内でご一緒した方々へ
旅の思い出にどうぞ。

門の前から本堂にかけて孟宗竹や真竹の竹林が続き、
楓が竹林からの木漏れ日を浴びています。
そんな竹林の足下には一面の緑色の苔の絨毯が広がり、
一本の紫陽花が静謐な空間で彩りを添えています。

庭園は、十六羅漢の庭と呼ばれ撮影禁止です。
静寂な空間で五感をとぎすまし、
お茶を頂きながら庭園を心ゆくまで鑑賞できます。
季節には、名椿「胡蝶侘助」が咲きます。

新緑の地蔵院

「この日歩いたルート」
~~紅葉の下見を兼ねて上桂を歩き「楓」を見てきました。~~

艶やかな「八朔 黒紋付きの正装の舞妓さん・芸妓さん」四条大橋の北・納涼床「浄住寺」→500メートル→ 「竹の寺・地蔵院」

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

>> 2007/09/10 15:29
素敵な竹林の地蔵院ですね。この中に入りますと
真夏の暑さを忘れさせてくれるようです。風に揺られ
て竹の葉がさわさわと音を立てるのは京都のお寺なら
ではの風情が漂います。観光客風の二人連れの若い女性もこうしてみると絵になりますね。
>> 2007/09/11 20:04
こんばんは。

紅葉に京都を予定したいとこですが、混雑が苦手な私はいつも断念してます。

ka-ma-kunさんのブログを拝見してると四季を問わず絵にしてらっしゃる。
いつもご紹介ありがとうございます。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/467-2c46d424
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。