プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/18//Sat.
京都大文字五山の送り火
20070818173728.jpg

(点火をする人々を狙ってみました。
したがって火は露出オーバーですからあしからずご了承下さい。)
20070818173742.jpg

(この場所からは、点火をする人々の声が聞こえる為、
臨場感がひしひしと感じられます。)
20070818173807.jpg

(この場所からは、大文字の中心部にある祠まで見えます。
しかもこの場所は、観光客がほとんど訪れない桜のスポットです。)
あまり公開するとまたカメラマンが増えるため
丸秘スポットになりませんね。
20070818173821.jpg

(京大近くのお墓から眺めています。
この辺りは、夜にお墓参りをされており、
お墓から眺めました。
この場所からも、点火前には、消防自動車のサイレンが鳴り響き、一気に「大」の文字が夜空に浮かび上がります。)
20070818173919.jpg

(左大文字です。鹿苑寺の門近くにある喫茶店の二階から眺めると最高です。)
20070818173935.jpg

(左大文字と舟形です。
この両方の送り火は、「妙」と同じ撮影スポット「北大路」から眺めています。)
20070818173951.jpg

(私は、真如堂から銀閣寺に向けて歩く小さな路地から「法」を眺める風景がお気に入りです。
ここからは、紅葉がご覧のように楽しめます。)
20070818174012.jpg

(16日の嵐山では、灯籠流しもあります。
ここから送り火の「鳥居」形も見えます。
鳥居形の火は、他の送り火と異なり、順番に明かりが灯ります。)

京都の夏の風物詩、五山の送り火です。
夏の夜空に炎が燃え盛り、火の粉で空を赤く焦がし、お盆の精霊を送ります。
あの世への道を迷わないように、次々に点火されます。

★ 最初に大文字(東山如意ヶ嶽)は、午後8時点火
(色々な場所が紹介されていますが、この場所をメインなら吉田山からの眺めが最高です。
そこなら300万画素のデジカメで望遠なしでも気軽に撮影出来ます。)

★ 妙法(松ヶ崎西山・東山)は、午後8時10分点火
(この場所をメインならノートルダム女子大周辺からの撮影がベストです。)

★ 船形(西賀茂船山)は、午後8時15分点火
(精霊船は、宝ヶ池辺りの道路からも見られます。)

★ 左大文字(衣笠大北山)は、午後8時15分点火

★ 鳥居形(鳥居本曼荼羅山)は、午後時20分点火

市内が暗くなり、まず東山如意ヶ嶽に大の字が浮かび上がります。
何処からともなく人々の声があがり、
続いて、妙・法、船形、左大文字、鳥居形が灯り精霊がお帰りです。

二十数年前から数回ご招待頂いた、
とある金融関係のビルの上が最高でした。
全ての送り火が順番にはっきりと見えました。

16日は、京都大文字五山の送り火はもちろんの事、
清水寺、お東さんの万灯会、嵐山の灯籠流し、そして広沢の池などで、
先祖供養の蝋燭の炎や、
こまぎなどが、川面や古都の空を赤く染め幽玄の世界です。

今年は、最高気温で京都入りはあきらめ、
NHKで放映をされていた京都大文字五山の送り火を見送りました。

今年、気温が例年通りなら当初は、3パターンから選ぶつもりでした。

第1案
嵐山で、渡月橋から灯籠流し眺め、直ぐに広沢の池で灯籠流しと鳥居を見送りたいと思っていました。

第2案
お東さんの万灯会から、その一面のお墓を抜けて清水さんへの道をお参りしたいと思っていました。

第3案
女性一人では心許ない場所ですが吉田山も考えていました。

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

>> 2007/08/19 15:55
『先祖供養の蝋燭の炎や、 こまぎなどが、川面や古都

の空を赤く染め幽玄の世界です。』 この凝縮した二行

のkamakun様のコメントにより臨場感に浸っています。

 NHKの放送拝見したかったのですが、その日 菩

提寺にて盆参りのお勤めがあり残念ながら見る事が出

来ませんでした。テレビジョンよりkamakun様の

画像の方が 詳しく趣きがあると思います。いつもそ

うですもの。見ていなくても分かります。でも凄いで

すね。たいまつを持たれている人さぞ暑いでしょう

ね。そういう次元で無いと思いますが。kamakun様のフ

ットワークも素晴らしいですね。京都は今皆がもっと

注目する時代ですね。ゆっくり古きを訪ねて新しきを

知る。古都を大事に思っていらっしゃるkamakun様を尊

敬いたします。m(__)m
>> 2007/08/20 12:38
京都大文字焼きの意味がよくわからなかったですが、先日NHKで放映されて五山の火入れ式まで克明に見ましたのでよく判りました。五山の近くの住民の方はお盆の火送りでは伝統的に参加してるようですね。仏教の教えにのとって伝統を守り続ける姿は神々しい感じが致しました。京都最後のお盆の幽玄の世界は素晴らしい景観ですね。
広沢の池の灯篭流しも放映されていて綺麗なお盆の風景でした。ka-ma-kunさんの画像もテレビとそっくりの画像でカメラで写されるのも容易な事ではなかったでしょう。ご苦労をお察しいたします。本当に素晴らしい画像をブログに纏められていると改めて感心致しました。有難うございました。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/455-9d6391cb
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。