プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/05//Sun.
2007年 京都の八朔・その2
20070805163918.jpg

20070805163931.jpg

20070805163948.jpg

20070805164002.jpg


八朔と聞いて果物を想像しますが、
こんな「八朔」もあります。

暑い盆地の京都で涼しいお顔で挨拶回りです。

先日、八朔をご紹介した時、
着物の話などが出ましたので、
「八朔・その2」をお届けします。

こんなに暑いのに、舞妓さんや、芸奴さんなど、
皆さん汗もかかずに涼しいお顔です。

歌舞伎の役者さんが、脇の下をきつく押すと、
お顔など上に汗をかかないと
コラムで語っていました。
きっと着付けの時、
脇を締めて顔の汗を止めているのですね。

京都の花街などを歩いていると、
芸奴さんに出会いますが、
本当に素早い仕草です。
三味線などを手にしながらハイヤーから降りると、
降りるか否やライトの中に身を隠します。

夏の薄物の黒に絽のだらりの帯をしめた姿は、
滅多に見られませんので画像もまた追加です。

妖艶な真っ赤な襦袢に目を奪われながらも
着物の柄などを見てきました。
やはり八月なので
ハゲイトウ、オミナエシ、桔梗、水や海の模様、ススキなどです。
花かんざしはほとんどがススキです。
しかし、数人朝顔の花かんざしもありました。

20070805164013.jpg

20070805164027.jpg


今回は、年少の舞妓さんの見方です。
頭に鮮烈な赤い布、そして蝶などの鹿の子留があると、
それは「割れ忍」と言い、年少の舞妓さんです。

仕込みさんといわれる、これからの舞妓さんの卵さんも
可愛かったです。
でも「おかあさん」の薄物も上品で、
まさに「はんなり」としています。

2007年 八朔「黒紋付きの正装の舞妓さん、芸妓さん」・その1です。

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

>> 2007/08/05 22:58
えっー、もしかしてこの前の続き!
思わず引き込まれました。舞妓さんの涼しげな表情。
日本女性はこうでありたい。。。

「素晴らしい!」の 一言に尽きます。
>> 2007/08/05 23:57
ほんま、きれいおすなぁ~

ほんまに、たんのうしましたわ。
ありがとうさんどす。m(__)m
>> 2007/08/06 21:41
う~~ん・・・
やっぱり 本物さんはええどすなぁ~(^^)

僕も 一度本物の舞妓さんを撮ってみたいです。









ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/448-3bd41c61
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。