プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/19//Thu.
2007年 祇園祭の山鉾巡行「稚児と稚児人形」
20070719180957.jpg

20070719181010.jpg

20070719181023.jpg

20070719181037.jpg

八坂神社の神の使いは、「稚児」です。
現在、生稚児が鉾に乗るのは、
巡行の先頭を行く長刀鉾のみです。
白塗りをした稚児が、身を乗り出して舞い、
そして四条麩屋町で、注連縄に太刀を振り下ろし
山鉾巡行が始まります。
鉾の上では、稚児舞を舞う稚児と2人の禿(かむろ)が並んでいます。

(長刀鉾の長刀は、八坂神社に刃を向けないように南向きです。
市役所で山鉾順番を決めるくじを取らない事から
「くじ取らず」と言われています。)

昔は、船鉾以外の鉾はすべて稚児が乗っていたそうですが、
現在は稚児人形がのっています。

1839年 函谷鉾の稚児人形は「嘉多丸」
1863年 鶏鉾の稚児人形は「不詳」
1912年 月鉾の稚児人形は「於兎丸」
1929年 放下鉾の稚児人形は「三光丸」
1956年 菊水鉾の稚児人形は「菊丸」

この中で唯一放下鉾の稚児人形は「三光丸」は、稚児舞を演じます。
今年は、長刀鉾の稚児と2人の禿(かむろ)と、稚児舞を演じている「三光丸」を狙いました。
その舞は、愛らしいです。

2007年 テレビや新聞に登場しない山鉾巡行(舞台裏)・祇園祭・その2

2007年 祇園祭・山鉾巡行・その1

祇園祭・北観音山・南観音山の柳の枝は、「厄除け」のお守り 」

山鉾巡行を「何処で見るとよいか?」

祇園祭の「月鉾」は、「動く美術館」

祇園祭の屏風祭

祇園祭の宵山

宵山と屏風祭・山鉾巡行

祇園祭「宵山と屏風祭」

祇園祭「鉾の舞台裏」

祇園祭・山鉾巡行「鯉山」

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

>> 2007/07/20 08:46
いいなぁ~いいなぁ~とても良いです。

絢爛豪華ですね。
特集画像の写真雑誌を見てるようです。

すばらしい!! ありがとう。
>> 2007/07/20 09:59
すばらしいですね

昨夜 寝ぼけ眼でコメ入れしたのだけれど 去年の記事にコメント入れていた アハハ

本当に毎年 毎年 すばらしいですね
高い脚立をもっていくわけでなくこれだけの写真写されるのだから 凄いね

今年はお天気も悪かったから 色がでにくいはずなのに 豪華 豪華ですね 
プッチン プッチン プッチン
>> 2007/07/20 13:46
長刀鉾の稚児と2人の禿(かむろ)と、稚児舞を演じている「三光丸」を拝見させて頂き有難うございました。本当に貴重な写真を見させて頂いて恐悦至極です。こちらも祭りの写真を写しますが、なかなかうまくリアルには写せません。いつもながらの素晴らしい画像に脱帽です。
>> 2007/07/21 23:04
煌びやかでありながら、上品な世界ですよね。
すごく素敵~~
人込みとの格闘もお疲れ様でした(^-^)/
毎年、TVでばかり見てるので、舞台裏も楽しませてもらいました(^o^)
今夜は、サッカーでも大興奮(^^;








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/440-00edc0f5
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。