プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/03//Sun.
イサム・ノグチ「月の世界」と岡本太郎「太陽の塔」
20070603074140.jpg

20070603074152.jpg

20070603074202.jpg

20070603074213.jpg

20070603074225.jpg

20070603074240.jpg

先日のKさんからのお尋ねについて

日本庭園正面にある万博の平和のバラ園からは、イサム・ノグチ「月の世界」と岡本太郎「太陽の塔」が見られます。

イサム・ノグチの「月の世界」は、万博開催時は、お祭り広場の側の「天の池」の中にあり噴水の一部となっていました。
現在は、今は無き万博ホールや国立国際美術館の跡地に飾られています。

<一口メモ>
この剣から太陽の塔を伸ばすとその先には梅田となります。

イサム・ノグチ庭園美術館

http://www.isamunoguchi.or.jp/index.htm

↓ ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking


>> 2007/06/03 10:19
早速の ご対応ありがとうございます。。
 あら~~ も~~~
  感激です 私の為に

    も~~~ 恐縮ぅ~~~

  (T _ T)ありがと~ (うれしぃ~)

 これですっきりです ^^)v

いやいや 知りませんでしたね! 
 大阪万博は大学生の時に行きました
 ですから ”太陽の塔は分かります
 でも そのほかのものが全くわかしませ~~ん ^^) 

こうして皆様の万博跡の写真を拝見させていただいて
 そのたびに ずいぶん変ったものだ 驚き 感激も。。

 今回もです 何か転がってきそうですね
  これもずいぶん大きそうですね。。 

でも一番 感じているのは 宅地やビルディグで埋まってしまうことなく
 こうして 記念の場として くつろぎ 感激し やすらぎの場として
 有意義に利用されているっていうことが 
 何よりも素晴らしいことですよねぇ~~ 
 
 ほんと 行って見たいです
 行けば 必ず更なる感激を覚えることと思います。。 

 いつ?? う~~ 
   いつ行けるかなぁ~ ??? 

そうそう ”雫” いつもながら さすがですねぇ~
 ka-ma-kunさんと知り合うまで
  ”雫”に景色を写り込ませる なんて思っても見なかったですもん

(^____^)
>> 2007/06/03 12:50
今日は日曜日で誰も居ない。パソコンは1人じめ出来ます。太陽の塔は20代でしたよね。結婚前でした。写真の様に、夢の様な歳月が過ぎ、神秘的な見方をka-ma-kun2さんの写真の撮り方で思い出が蘇ります。技・・スバラシイですね。頑張ってください。
>> 2007/06/06 06:02
薔薇の雫から太陽の塔まで約430メートル。
この距離で雫に綺麗に入れたい私は我が儘でしょうね。
>> 2007/06/07 09:10
見事なしずくの世界ですねー。
映った太陽の塔がかわいらしい。
もって帰りたい。^^。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/411-8e5ae116
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。