プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/02//Sat.
「ツツジや睡蓮」に彩られた初夏の岸和田城
20070602092210.jpg

20070602092222.jpg

20070602092234.jpg

20070602092245.jpg

20070602092258.jpg

20070602092309.jpg

0706110211.jpg

昨日、初夏の岸和田の商店街を抜け、岸和田城へと向かいました。

この地はもともと「岸」と呼ばれていましたが、
1334年、楠木正成一族の和田高家が代官となり
城を築いたことから「岸」の「和田」結びつき
「岸和田城」と呼ばれるようになったそうです。

豊臣秀吉の伯父小出秀政が城主となり、
本格的な近世の城郭に整備しました。
別名は、千亀利城、猪伏城です。
天守は本来5層でしたが落雷のため焼失し、
1954年、3層の天守に復元されました。
復元櫓などもあります。

<一口メモ>
旧紀州街道を歩くと、
紅殻格子、二階は土塀の虫籠窓が今も並んで城下町の風情があります。
街を歩くと山車の倉が見られ、
商店街などでは今年のだんじりのポスターが目につきました。

いつもこの地の自動販売機には驚きます。
自動販売機の模様は、だんじり祭りの町名入り法被です。

市民のだんじりに対する熱い思いを、
町の至る所でひしひしと感じながら
この季節、ツツジや睡蓮が艶やかに彩った天守閣をあとに港へと向かいました。

↓ ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking


>> 2007/06/02 19:08
素晴らしい岸和田城ですね。構図がよいのでお城自体が雄大、堅固に見えます。大阪城も以前拝見させて頂きましたが、それに負けず劣らず立派なものです。お堀の睡蓮、門の脇の真っ赤なツツジもお城に似合ってますね。素敵なお城を拝見させて頂き有難うございました。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback

紀州街道紀州街道(きしゅうかいどう)とは、かつて大坂と和歌山とを結んでいた街道。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
//街-NAVI 2007/08/01 14:24
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/410-8fc86968
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。