プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/07/17//Mon.
祇園祭の「月鉾」は、「動く美術館」
20060717173202.jpg

20060717173216.jpg

20060717173232.jpg

20060717173245.jpg

20060717173257.jpg
月鉾は、「動く美術館」と言われ、
東西の美術工芸品で飾られています。

高さは、ビルの4・5階に相当する約25メートル、
総重量は約12トンです。

鉾の先端「鉾頭」には、三日月が飾られ、
屋根裏には、円山応挙の草花の絵と、
木彫は左甚五郎のウサギや、
飾金具などまさに美術工芸品です。
日本史の教科書にも
京都の町衆の財力紹介で「祇園祭」が記載されています。

今年は、この鉾でお茶会を開催されて話題にもなりました。
機械があれば、中をゆっくりご覧になるとその豪華さに驚かれるでしょう。

祇園祭の屏風祭

祇園祭の宵山

宵山と屏風祭・山鉾巡行

祇園祭「宵山と屏風祭」

祇園祭「鉾の舞台裏」

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

>> 2006/07/17 19:33
ka-ma-kunさん、今晩は
いつ見ても素晴らしい写真に感動しています。
行動力にも関心させられます。
お気に入りに入れて沢山の画像を
じっくり見させていただきます。
有難うございます。
>> 2006/07/18 07:26
おはようございます。
コンチキチィンの響きが聞えてくるようです。
今日もありがとうの足跡のプッチッと!
>> 2006/07/19 10:18
ka-ma-kunさん、お久しぶりです。
今年もステキな祇園祭を楽しませて頂きました。
ありがとうございます(*^^*)

いつもこちらでのんびりさせて頂いてます♪
>> 2006/07/23 05:07
おはようございます。
祇園祭、素晴らしい写真ですね、本当に美術館って気がしました。
前に行った時は人だけ見てきた様な・・・
祇園祭の楽しみ方が解かった様な気がします。
>> 2007/07/20 00:49
今年もバッチシ 決めておられますね

私は 祇園さんは行ったことはないのです
あの人出を見ると 行く元気がなくなってしまいます 同様の理由で天神さんも もう ずっと以前に行ったきりです

あの中でこんなに素敵な写真江尾写してくるのだからたいしたものですよ 本当に・・
>> 2007/07/20 17:20
動く美術館、木彫のウサギは左甚五郎の作品だったのですね
知らなかったです。今年もka-ma-kunさんのおかげで
祇園祭を楽しませていただき感謝!
素晴らしい、これらの写真を収集するご苦労に頭が下がります。
ありがとうございました。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/204-82e55a5c
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。