プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/07/15//Sat.
2006年祇園祭には、お茶会の復活と食べられる「ちまき」が登場
a04071601388b.jpg

i040711601393.jpg

u04071601376.jpg
京都の祇園祭には、「はも祭」と言う別名があります。
“コンチキチン”が聞こえたら梅肉でいただく「はも」が美味しい季節の到来です。
この季節になると関西のスーパーではお店に並びます。

今回は、祇園祭の中の「食」でご案内します。

2006年、今年の祇園祭の目玉は、

月鉾の上で170年ぶりの茶会が復活したり、
あるいは、「食べられるちまき」が登場したことです。

これまでの「ちまき」は玄関先に飾る「魔よけ」のため食べられませんでした。
しかし、今年は黒主山保存会が7月14日から3日間、
生麩に黒砂糖入れた食べられる「ちまき」を販売するそうで、
早速テレビでも紹介をしていました。

いつも手にしていた笹の葉にいぐさの「化粧巻き」の中身が、
京都らしい生麩でまた「はんなり」とします。

<一口メモ>
宵宮になり、四条界隈は賑やかになり人の波が押し寄せます。
人混みの中での撮影なので、
観光客の後頭部ばかりを撮影してしまいます。

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

>> 2006/07/16 07:07
祇園祭もいよいよ佳境に入ったわけですね。はもの季節でもあるんですか。
こんな大規模なお祭りに参加できるなんて羨ましいかぎりです。
一度は行ってみたいものです。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/202-c10f2088
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。