プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/10//Sat.
勝尾寺の石楠花など
20060610064827.jpg

20060610064844.jpg

20060610064858.jpg

20060610064912.jpg

20060610064926.jpg

20060610064940.jpg

20060610064959.jpg

20060610065018.jpg

20060610065033.jpg

060608_0014.jpg

<一口メモ>
今まで紫陽花があった山門の後ろは、現在も工事中でした。
池の奥や本堂の辺りは、一面紫陽花がありますので
紫陽花の撮影は、池より奥がベストです。

参考に桜や紅葉の勝尾寺です。

今年(2006年)の紫陽花の下調べに撮影をしました。
達磨の奥などは、現在つぼみです。
参考にどうぞ。

060608_0064.jpg


大阪平野の真北にあり箕面の滝のちょっと奥にあります。

奈良末期神亀4年(727年)善仲・善算両上人が草庵を構え、光仁帝皇子開成(桓武帝の異母兄)が弥勒寺と名付けました。
この寺の仏法の祈願力には時の朝廷の権力も及ばず、清和天皇の病気治癒を祈り効験したので王に勝った寺「勝王寺」の寺号を賜りました。しかし寺は王を尾の字に控え、以来「勝尾寺」(かつおうじ)と号しています。
1184年の源平合戦で焼け落ちましたが、源頼朝が再建し、現存する薬師堂は源頼朝、本堂に山門は豊臣秀頼の再建です。

旧参道には寺までの距離を示す我が国最古の8基の石塔(町石)が現在も残っています。
源氏・足利氏などの覇者が勝ち運を祈り、今はスポーツや試験、選挙、商売など勝負の勝運の寺としても有名です。
石の階段を上がると、勝ちだるまが出迎えてくれます。
西国23番札所、法然上人第5番霊場、日本最初三宝荒神で日本三荒神としても信仰されています。(パンフレットより)

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking



>> 2006/06/10 15:22
ka-ma-kunさん
ご無沙汰してます。

久々すばらしい写真、目の保養をさせていただきました。
箕面市にこんなすばらしいお寺があるのですね。ありがとう。

「久安寺」に行ってみようと思ってはいるのですが、歳とともにあちこちと、遠乗りを控えておりました。

プロの画像拝見できてうれしいです。
>> 2006/06/10 18:14
勝尾寺の石楠花、素敵な構図で撮影されてますね。特に赤いお堂への
石畳と両側に咲いている石楠花がうまく調和して見事な撮影です。
お寺と石楠花、紫陽花、花菖蒲などは落ち着いた雰囲気でぴったりで
す。いつも素敵な画像を紹介頂き有難うございます。
>> 2006/06/10 23:00
勝尾寺は紅葉の時期に行ったきりですが見事なシャクナゲも見れるのですね
階段を見上げるようにカメラを向け また上から下を覗き
違う角度からの撮影でka-ma-kunさんの移動しながら構図を考えられるのだな~なんて・・
素敵な画像を今日も見せていただき すーっと落ち着きます♪
>> 2006/06/11 03:01
最後のだるまさんがまたいいですね。
花いっぱいでほんとうにすばらしい場所を案内していただきありがとうございます。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback

勝尾寺勝尾寺(かつおうじ)は、大阪府箕面市にある真言宗の寺院。山号は応頂山。西国三十三箇所の第23番札所。開山は開成(かいじょう)、本尊は千手観音である。寺号は「かつおじ」「かちおじ」などとも読まれる。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:
//大阪探索どっとこむ 2007/08/01 02:58
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/182-ed073e16
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。