プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/04//Sun.
北野天満宮の春
D70-060421_0293.jpg

D70-060421_0287.jpg

学問の神様「北野天満宮」は、
九州の太宰府へ流刑となった菅原道真公の怨念を鎮めるために創建されたものです。
「天神さん」の愛称で親しまれ、受験生に人気の神社です。
なお2月25日は、「梅花祭」が開催されています。

門には、
「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」の歌があります。
毎年、「梅花祭」では鳥居から本殿までお参りするのに、
時間がかかります。
境内では、上七軒の舞妓さんの野点もあり、参拝者でいっぱいです。
2006年は、国立前期入試日でしたので、
受験生や受験生の親御さんなども多かったでしょうね。
毎年、いつも受験日に出掛けると親御さんにらしき人に、
引きも切らさずお会いをしていました。

境内には、国宝の本殿や重要文化財の太陽や月、星の「三光門」がありますので、
受験のお参り以外に、道真が愛した梅をみたり、
観光も出来ます。

この天満宮には、面白い灯籠があります。
大黒組灯籠です。
本殿の東前にある この大黒像の頬に小石をのせ、
上手くのったらその小石を財布に入れておけば、
お金が貯まると言われています。
お年寄りの参拝者は、小石の方と、一円玉でチャレンジされる方とあります。
いつもどちらかしらと思いながら撮影をしています。
駐車場横では、豊臣秀吉が1587年北野天満宮境内で催した大茶会跡が見られ井戸もあります。

出雲阿国がこの神社前で歌舞伎を演じていたそうで、
「北野天満宮が発祥の地」という説もあるそうです。
鳥居前のお店の家紋も梅ですから、縄で作った家紋も楽しんで下さいね。

なお「梅花祭」では、梅の花と上七軒の舞妓さんを愛でながら、
野点と御菓子で春を味わいます。
昨年は、はんなりとした甘さが大好きな鶴屋さんの和菓子でした。

北野天満宮は、太宰府天満宮・防府天満宮と共に、
日本三大天神の一つです。

毎年、紅白が終わる頃から初詣をします。
今年も宜しくね。
今年の絵馬は・・・・・・。(笑)
お礼参りに出掛けたいなあ・・・(爆笑)

桜の時期はゆっくりと楽しめます。
ちなみに梅の時期はここ(22画像)をクリックして下さい。夜景も含みます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

撮影日は、2006年4月21日(11時から18時まで)
その日の行程は、下記の通りです。

(交通機関は、電車のみで全て徒歩です。
女性の徒歩で、かつ途中お友達と境内で待ち合わせをして撮影をしたり、楽しくお喋りをしていた時間も含まれまれていますのであしからずご了承下さい。)

ただ今更新しながら随時リンクをしていますので、
クリックしてお楽しみ下さい。)

阪急松尾駅→西芳寺(苔寺)地蔵院(竹の寺)→かぐや姫竹御殿→華厳寺(鈴虫寺)月読神社松尾大社
阪急嵐山中之島渡月橋美空ひばり会館仁和寺平野神社→北野天満宮→上七軒→光盛大明神→上七軒歌舞練場→大将軍八神社→地蔵院(椿寺)

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking









ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/177-446110a8
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。