プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/05/27//Sat.
苔寺として名高い「西芳寺」・世界遺産 京都市西京区
20060527130836.jpg

20060527130853.jpg

20060527130907.jpg

20060527130922.jpg

20060527130936.jpg
阪急嵐山線「松尾駅」を降りて、
物集女街道(国道29号線)を南に下がり、
西芳寺川を上って行くと、奈良時代の行基が開祖と言われている古刹があります。
最初は「西方寺」だったそうですが、
1339年夢窓国師が再興して西芳寺と名付けました。
この庭園は、銀閣寺など作庭の手本とされた京都でも屈指の名園で
世界遺産です。
苔が素晴らしく通称「苔寺」と呼れており枯山水と池泉回遊式の庭があります。

<一口メモ>
門の前に看板があります。
「参拝」は、本堂で行われる写経などの宗教行事を中心としたもので、庭園だけの拝観は行っておりませんとありますので、
まずは写経としてそれから庭園でおくつろぎ下さい。
拝観料は3000円以上からとなっていますから
3000円と思われる方はくれぐれもお釣りのないようにお出掛け下さい。(笑)

拝観は要予約で往復はがきにて申し込みが必要となりますので、
希望日の7日前までに申し込み下さい。
(往復はがきに、参拝希望日、人数、代表者の住所・氏名を明記しての申し込みとなります。)

いつも250種類苔を考えて晴天より雨上がりと思い、機会を逃してしまう私です。
しかし、この辺りは「かぐや姫」物語の発祥の地で今も美しい竹林がいっぱいです。
いつも苔寺の入り口を過ぎ川に沿って伸びる竹林を楽しみます。
空を目指して真っ直ぐに伸びる竹林は、美しいくいつもカメラを向けたくなります。

嵐山の竹の小道は、美しいですが観光客がいっぱいで、
おまけにその狭い場所をタクシーが通り、
道幅がぎりぎりとなる危険な場所もありますですから、
つい観光客を避けてここで竹林を楽しみます。
最近は竹林が歩きやすく整備されています。
静寂で鬱蒼としており女一人ではちょっと勇気がいる場所ですから、お連れが欲しい場所です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

撮影日は、2006年4月21日(11時から18時まで)
その日の行程は、下記の通りです。

(交通機関は、電車のみで全て徒歩です。
女性の徒歩で、かつ途中お友達と境内で待ち合わせをして撮影をしたり、楽しくお喋りをしていた時間も含まれまれていますのであしからずご了承下さい。)

ただ今リンクを随時していますので、クリックしてお楽しみ下さい。

阪急松尾駅→西芳寺(苔寺)→地蔵院(竹の寺)→かぐや姫竹御殿→華厳寺(鈴虫寺)→月読神社松尾大社→嵐山・渡月橋→美空ひばり会館→仁和寺平野神社→北野天満宮→上七軒→光盛大明神→上七軒歌舞練場→大将軍八神社→地蔵院(椿寺)

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

>> 2006/05/27 21:54
竹林、スラッとして綺麗ね。
まるで私の足みたいだわ(謎笑)
この時期の桜も、またいいね~








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/169-cf70a7db
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。