プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/03/13//Mon.
醍醐寺・下醍醐・世界文化遺産(京都市伏見区)
20060313175307.jpg

20060313175325.jpg

20060313175341.jpg

20060313175423.jpg

20060313175439.jpg

20060313175454.jpg

20060313175509.jpg

20060313175522.jpg

20060313175536.jpg
地下鉄東西線の醍醐駅から徒歩約10分で醍醐寺へ参拝出来ます。
豊臣秀吉の花見で名高い醍醐寺は、醍醐の山の全体を寺域とする真言宗醍醐派の総本山です。
境内は、上醍醐と下醍醐からなり、世界文化遺産に登録され、
上醍醐の准胝観音堂は、西国33霊場第11番札所として信仰をあつめています。

874年 聖宝理源大師が、上醍醐で醍醐水を見つけ、
小さな堂宇を建立したのが始まりだそうで、
醍醐天皇より907年に薬師堂や五大堂が完成し、
951年には五重塔が落成しています。
なお五重塔は、応仁の乱などの戦火を逃れ、創建時の姿をそのまま残す国宝です。

醍醐寺は、政治とも関わりが深く、後醍醐天皇と足利尊氏の交渉がこの寺の中で行われたり、
あるいは、徳川家光の乳母だった春日野局の書状があります。
しかし、何といっても有名なのは、豊臣秀吉の「醍醐の花見」です。
秀吉が、花見の為に三宝院の庭を造らせたり、700本もの桜を移植させたと言われております。

現在では、2000本の桜の名所となっており、歴史的桜のスポットです。
広大な境内が、薄紅色に染まる眺めは壮観です。
駐車場側などの桜なども美しいですから、
境内を3時間くらいかけてゆっくり散策されると淀君の気分になれるかも・・・。
はんなりと桜を愛でませんか?(笑)

五重塔と一緒に撮影出来る優美な枝垂れ桜は、最近お疲れでしたが今年はどうかしら?
今年の枝振りや咲き具合の情報がありましたら、
またよろしくお願い申し上げます。

醍醐寺霊宝館・伽藍(五重塔などがあり受付は仁王門)・三宝院庭園は、それぞれ拝観料は600円です。
個人のみですが、2枚つづり・3枚つづりの共通券があります。

私も共通券を購入し、撮影をしながら上醍醐までお参りすると、
時間が足りませんでした。(拝見時間:9:00~17:00)
また早朝から出掛けたい場所です。

醍醐寺公式サイト

http://www.daigoji.or.jp/

携帯サイト

http://daigoji.jp

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

>> 2006/03/13 23:17
醍醐寺の見事なさくら 素晴らしい写真!
ご紹介コメントも勉強になります
西国参りで上醍醐へ一度お参りしました。
下醍醐から撮影機材をもって上までは大変でしょうね。
>> 2006/03/15 20:33
いつもありがとうございます。

僧侶の後姿の黒がとても画面を引き締めていると思います。こういう撮り方もあるのかといつもながら構図の素晴らしさに感心しています。

良い参考になります。ありがとうございました。
>> 2006/04/09 23:29
桜見物に行きたかったですが、素晴らしい写真を拝見でき、感謝、感謝五七の桐の山門もとてもよかっです。5月19日に上醍醐寺の本尊御開帳(準低観音)には今年も参拝したいと思います。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/121-9a8066bd
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。