プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/02/18//Sat.
大和ミュージアム(呉市)
20060218065129.jpg

20060218082053.jpg

20060218082112.jpg

20060218082128.jpg

20060218065149.jpg

20060218065211.jpg

20060218065241.jpg

20060218065306.jpg

20060218065227.jpg

20060218065326.jpg

20060218065348.jpg

20060218065406.jpg

20060218065427.jpg
「ヤマト」と言うと、アニメの「宇宙戦艦ヤマト」をイメージするかもしれませんが、今回は東シナ海で今も眠る「戦艦大和」です。

5月4日は、GWの後半で名神や中国道などの高速道路はどちらも混んでいました。渋滞と相談しながら午前7時10分に出発し「大渋滞なら丹後地方。」と言いながら今回は、ハンドルを愚息に任せてふらり旅です。
舞鶴自動車道へと思いましたが、そこそこの渋滞でしたので山陽自動車道に乗り換えひたすら西へ走りました。
実は、愚息が目指していた場所は、「戦艦大和の故郷・呉」と、映画「男たちの大和/YAMATO」のロケ地尾道です。(爆笑)

大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)は、この4月3日に開館した4階建て延べ9600平方㍍の博物館です。
博物館には、弾が出ないだけで本物そっくり「10分の1サイズの戦艦大和」(全長26.3㍍)の模型や人間魚雷「回天」、特殊潜行艇「海龍」、零式艦上戦闘機62型などが展示されています。

● 駐車場と撮影について
会館周辺には臨時駐車場もありましたがいっぱいなので、近くのお店の駐車場を利用しましたが、これは大変役に立ちました。
会館の入り口は長い列でしたが、入り口近くの屋外展示を横に見ながら入場を待ちました。
戦艦大和の模型撮影は、晴天だと逆光でなかなか思うように撮影ができません。
また、フラッシュ禁止、プライベート文章やビデオは撮影禁止です。お気を付け下さいね。

●周辺について
周辺には、石川島播磨重工のドックがあり、クレーンが林立し巨大なタンカーが汽水線をあげていたり、輸送船「おおすみ」や掃海官制艇「ははじま」・「かみしま」なども目に飛び込んできました。

潮風に包まれながら海の向こうにある柱島を眺めながら、片道燃料で帰らざる水上特攻へと船出をし、約400機の攻撃を受け3333人の御霊と共に東シナ海に沈んだ戦艦大和へ思いをはせました。(柱島は、戦艦を停泊させ島にみせかけた場所です。)

「回天記念館」や「陸奥記念館」などで、「遺書」や「辞世の句」などを拝見した時とは大違いで、資料館と言うよりビジュアル化された会館みたいです。
今回は入場者がいっぱいで落ち着いた気分でゆっくり拝見することは出来ませんでので、またいつか入場者が落ち着いた頃に出掛けたいと思いながら尾道へ向かいました。

(3時間ではゆっくりと見られませんでした。)

帰宅すると私の机には、原勝洋「伝承・戦艦大和」の「上・下巻」がそっと置いてあるのを見つけました。・・・・また愚息の企みにはまってしまった私です。

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

>> 2006/02/19 13:46
ニュースで見た時に
「行きたいな~♪」と思った場所です!
詳細なご案内ありがとうございますm(__)m

近頃遠方の撮影が多いですネ♪
私も旅行をしたくなりました(^^)

今は電車で気軽に行ける場所ばかり
撮影しています(^○^)/
先週は京都大原へ行ってきました!
>> 2006/02/21 05:45
戦艦大和凄いですね、こんなところがあったのですね。行ってみたいですね。
>> 2007/08/28 15:45
私のお友達が大和会の幹事をされてるので戦艦大和のお話・海軍のお話よく聴きます。

私は行った事ないですが大和ミュージアムに陳列されてるゼロ戦や・・雪風だったかな?忘れてしまいましたが時計のお話を聴いたことがあり、大和ミュージアムの事も知ってました。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://kamakun2.blog15.fc2.com/tb.php/107-fc18b212
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。