プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/09/30//Thu.
カメラ散策 梅田から
テーブルDSC_5071

スナップ写真です。
被写体にできる陰や光の映り込みは、
魔法の世界です。
いつしか映り混みを探している私です。
これだけ見ると
何かわかりません。

そこで、
もう少し被写体から離れて撮影してみました。

テーブルDSC_5074

イベントの後のテーブル群でした。

★☆★☆★☆★ぼやき★☆★☆★☆★

昨日の朝、7時半に自宅から淀屋橋まで
往復している時のことです。

信号が青になり
梅田新道の交差点を前の車の流れにそって
直進して北上しようとする私の車に、

「右からは、京都からの車。
左からは、神戸からの車。」が、

右折や左折をしながら
私の車に接触しそうなぐらいに
強引に割り込みをしようと
チャレンジしてきます。

昨日は、営業車より特にタクシーが目につきました。
右から、左からとウインカーなしに
数々のタクシーが、
目の前に飛び込んできます。
しかも、四車線を走る
車の間を縫うようにジグザク走行です。

「まったく無茶な運転だなあ。」と、思っていると
ラジオからの交通情報で
御堂筋線で人身事故があったと流れてきました。
新幹線に遅れる人などが、
タクシーを利用したため
強引な運転をするタクシーだらけだと納得しました。

直進する車に
ウィンカーなしに左右から
合流アタックする車は、
いつものことなので
驚きませんが、
その台数とあまりの強引さに
つい、「また」とぼやいてしまいました。

朝のラッシュ時なので
混み合っているため
駅の構内に入れない乗客。

会社や学校に遅れて慌てている乗客、
もう諦めてスーツで転がっている乗客、
煙草を吸いながらタクシー乗り場の列に並ぶ乗客を
渋滞で動けなくなった
車から眺めていた私でした。

この事故の影響で約11万3500人の乗客に影響したと言う。

朝の通勤だけで疲れるのに、
それから仕事です。
皆さん、本当にご苦労様でした。

スポンサーサイト
2010/09/29//Wed.
国際会議の成功をお祈りします。


写真ご依頼ありがとうございます。
お返事が遅れて大会に間に合わないかもしれません。
あしからずご了承下さい。

陰ながら国際会議の成功をお祈り申し上げます。

前回の会議

2010/09/28//Tue.
露天神社・「別名 お初天神」の「紅葉の下見」
お初天神DSC_4993
梅田の摩天楼のようなビル街に、
創建1300年の歴史がある
「露天神社」があります。

露天神社は、菅原道真公が
この場所で歌を詠んだ事がいわれです。

「露と散る 涙は袖に 
朽ちにけり 都のことを 思い出づれば」

この「露天神社」は、
「曽根崎心中」の舞台にもなった場所で
別名「お初天神」の名前で親しまれています。

お初天神DSC_5000

内本町醤油屋平野屋の手代徳兵衛が、
新地の遊女お初と
「曾根崎天神の森」にて心中した出来事が、
その当時大阪の話題となり、
近松門左衛門は劇化をし、
「曽根崎心中」となりました。

「この世の名残り、夜も名残り
死に行く身をたとうれば あだしが原の道の霜
ひとあしずつに消えて行く
夢の夢こそ哀れなれ

鐘の聞き納め・・・」(曽根崎心中より)

森の雫と散った徳兵衛は25才。お初19歳の短い命でした。

この日も、
出勤前のビジネスが、
参拝する姿がいっぱい見られました。

「成約」や「プレゼンの成功」など、
お願いするのかあ?
カランカラン、パチパチと
参拝する人の音が
ビルの谷間にある境内に
木霊しました。

夜のお初天神



2010/09/27//Mon.
今朝の「新梅田シティ」のビルとビルの谷間にある「里山公園」から
空中庭園の彼岸花aDSC_5063
山と山の谷間に見かける山里が、
新梅田シティでは、
ビルとビルの谷間に登場します。

空中庭園d5058
無機質な都会のビル群の谷間に
ほのぼのとした里山の風景は、
日々の仕事の合間に、
「ふと足を止めたくなる」
ノスタルジーな空間です。
空中庭園cDSC_5059
今朝ほども仕事の合間に
煙草を吹かすビジネスマンの姿が
「里山公園」の前で数十人も見られました。
里山を眺めながらの「いっぷく」は、
さぞかし美味でしょうね。

ビジネスマンのお邪魔をしないように、
そっと案山子を写しました。

空中庭園と郵便局大阪支店bの間
今週は、梅田の彼岸花が満開です。
なお、イヌダテや露草も咲いており
まさに都会のオアシスです。

2010/09/25//Sat.
萩の花
萩DSC_4957
<撮影場所、大阪万博公園>
<撮影日 2010年9月>

初秋の訪れを告げる花と言えば、
「萩」があります。

毎年、この頃になると
枝もたわわに咲く萩を見かけまが、
今年は、猛暑の影響で、
枝に咲いた萩の花が少なく、
葉だけが目立ちます。


境内が、萩の花に染まる
こんな風景は、
今年は、いつ見られるでしょうか?

(私の大好きな萩の寺です。)
・・・・意外と穴場です。

2010/09/23//Thu.
小さな秋 (紅葉の下見・京都)
小さな秋DSC_4601
<撮影日 2010年9月>

小さな秋を見つけに
出掛けてきました。

童謡「ちいさい秋 見つけた」では、
もずの声が登場します。
しかし、私がこの紅葉を見つけて撮影していると
「うそ」と言う鳥の鳴き声が周囲で聞こえました。

<今年の猛暑の影響について>
今年の猛暑に見舞われた関西では、
彼岸花の開花が、
今週になりました。

また紅葉は、葉が縮れ、
桜の葉なども落葉しています。
先週も京都の東山などを見てきましたが、
虫の影響もあり
ナラの緑色が変色しいました。

今年の紅葉は、あまり期待出来ないかもしれません。

2010/09/20//Mon.
彦根城
彦根城a
琵琶湖の東にそびえる
国宝の彦根城に訪れました。

彦根城cDSC_4753

夕暮れ迫る
オレンジ色に染まる「玄宮園』では、
池のほとりにある数寄屋造の建物「臨池閣」越しに
彦根城の天守を眺めました。

彦根城dDSC_4750
池越しに眺めるその景色は、
「大奥のロケ」にも登場した場所だと思い出し、
何かしら不思議な気持ちになりました。
井伊直弼が、生まれ育ったこの場所が、
時代劇のロケに登場しているからです。

彦根城DSC_4723

彦根城の借景や、
現存する多くの櫓は、
風格と趣があり
時間を忘れさせてくれました。

彦根城bDSC_4702

車中に飛び込んでくる風景は、
稲穂が輝く一面の田園風景や、
一足早い稲刈りの風景など
秋を感じるものでした。

[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。