プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/26//Wed.
天王寺動物園のライオン
虎DSC_0108
天王寺動物園の♂ライオンは、「レオ」、
そして母と娘ライオンは、「ネル」「チー」です。

虎DSC_0118

虎DSC_0111

虎DSC_0266の
(ガラス越しに寝ころんだ姿を見ましたが、
まるで猫みたいです。)

虎DSC_0267

<お知らせ>
金沢で活躍のシンガーソングライターのいさぴーさんが、
この秋、また梅田でコンサートを開催されます。
今夏も撮影の後は、
コンサートで秋の深まりを楽しみたいと思います。

日時 2009年10月18日 18:00から
場所は、梅田にて
詳細は、またお知らせします。

スポンサーサイト
2009/08/25//Tue.
大失敗 「伊丹の花火」と神戸の夜景 まさに夢花火
2009伊丹花火DSC_0114

2009伊丹花火DSC_0108

伊丹の花火大会は、
2009年8月22日(土)に
今年も開催をされました。

2009伊丹花火DSC_0117

年々観覧者が増えている大阪空港のデッキですが、
撮影は、デッキと決めていたので出掛けようとしていました。

すると6時10分前です。

電話が鳴り、
「今から大阪へ帰る。」と、連絡が入ってきました。

今週は、2回、九州から東京出張と
予定を聞いて花火撮影を計画をしていたのに・・・

週末は、東京で泊まりのはず・・・
なんと飛行場へ行けないじゃん。
しかも、日曜日に予定をしていた
神戸の夜景もなんと夢花火となりました。

結局、渋々またベランダから花火観賞でした。

2009伊丹花火DSC_0167

今回は、飛行機の正面と花火の予定が、
来年への課題として残りました。






2009/08/20//Thu.
猪名川花火大会
猪名川花火DSC_0029

猪名川花火DSC_0068

猪名川花火DSC_0053b

猪名川花火DSC_0057

猪名川花火DSC_0064
(花火の中心部狙い)

夏の風物詩は、
やはり花火でしょうか。

七月末頃から、八月末まで週末になると
自宅から花火が見えます。
この場所に引っ越して数年は、
週末になるとお友達を呼んだりして
花火を見ながら
ホームパーティーをしていました。

淀川の花火の手前を
大阪国際空港へ着陸すする
北欧からのクラッシックジャンボが横切る時など
感激しましたが、
週末の花火、しかも1日に三箇所の観賞が出来ると
いつしか花火のマンネリ化をしています。

今年も茨木の花火を万博で見た後、
同じ日に「宝塚の花火」と「淀川の花火」が、
開催をされていたので、
結局、花火会場にも足を運ばず、
自宅リビングの椅子に座りながら
夕食をとりながらの花火観賞となりました。

猪名川花火DSC_0071

8月22日の夜も
リビングの椅子に腰掛けていると
「わ~~。綺麗」と歓声と拍手が、
ご近所から届きます。

子供の頃、
お友達の「●●ちゃん、あそぼ。」と声をかけられた時と同じです。
ソワソワです。

結局、猪名川花火大会だなあと思い、
池田や川西方面を見ると
猪名川河川敷から打ち上げられる花火が、
目に飛び込んできました。

花火もマンネリ化と言いながら、
やはり花火の音と光には魅了をされる私です。

そのままの花火は、
飽きていますので
今回は、撮影テクニック遊びです。

猪名川花火DSC_0101

猪名川花火DSC_0078

猪名川花火DSC_0116

猪名川花火DSC_0053

2009/08/16//Sun.
ライトアップされた箕面の滝
箕面の滝DSC_0053

箕面の滝DSC_0033

箕面の滝DSC_0029

箕面の滝DSC_0048

箕面の滝では、
8月31日までライトアップをしています。

お盆中なので午前中は四天王寺さんへお参りをし、
それから・・・・
夕方からは、「箕面の滝」に向かいました。

夕涼みを兼ねて、
闇夜に浮かび上がる名瀑を撮影に出掛けましたが、
幻想的な風景に感激しながら、
時より飛んでくる水飛沫には涼を感じました。

箕面の滝DSC_0020

数年前までは、
駐車場から「箕面の滝」へ歩く時、
行き交う人が、
少なかったですが、
現在は、関西ウォーカーなどでも紹介をされており
デートスポットに、
あるいは家族の夕涼みスポットになっています。

箕面の滝DSC_0017

みのおキャンドルロードでは、
箕面駅から箕面の滝までの山道において
約4500本のキャンドルが灯されていました。



<撮影の一口メモ>
スポットライトの光が強いので、
カメラに頼ると滝の流れなどは全て白トビをします。
そこで最初からマニュアル撮影のみです。

この日は、水飛沫が、売店近くまで
飛んでくる水量でした。

2009/08/15//Sat.
イルミナイト万博と辯天宗夏祭奉納花火大会 大阪府吹田市
大阪万博花火DSC_0050
2009年8月8日と9日は、
「イルミナイト万博」が、
自然文化園で開催をされました。

ライトアップの「太陽の塔」は、
何度か見ていますので、
今回は、茨木市の「辯天宗夏祭奉納花火大会」と
「太陽の塔」を狙いました。
もう少し、「太陽の塔」と「花火」を
重ねて撮影をしたかったです。

万博公園花火DSC_0045
(カメラを片付けた後に大玉の花火が上がりがっかりしました。)

辯天宗夏祭奉納花火大会の花火は、
19:00~20:30まで開催をされており、
撮影の後、
車に移動したら大玉が夜空を彩り残念な思いをしました。
(私が見ていると、円盤形などの代わり花火ばかり・・・)

この日は、
淀川花火大会と宝塚花火大会があり、
万博の撮影は、19時32分から45分までの
限られた撮影にして
後は自宅へ移動です。

人混みを避け、
のんびりと自宅リビングの椅子に座りながら
淀川の花火を眺めたり、
あるいは、ベランダから宝塚の花火を観賞しようと、
早々に切り上げてしまい反省をしました。

当初、大阪ガス館辺りの撮影予定でしたが、
時間の関係でエキスポ側からの撮影にしています。
実際、ホテルやABCハウジング千里住宅公園辺りからの
撮影も良さそうです。

太陽の塔を考慮せずに花火を楽しむなら
某国立大学付属病院前の道も
ゆっくり眺めることが出来ます。

多重露光やバルブにしようとしましたが、
太陽の塔のイルミネーションが、
数秒で色や形が変化をするため
思い通りなりませんでした。

「花火狙いだけ」、
あるいは「イルミネーション太陽の塔」だけと、
目的を絞った撮影の方が容易ですね。

課題の多い撮影でした。

2009/08/07//Fri.
ひまわりフェア 大阪万博公園
向日葵DSC_0026
(太陽の塔と向日葵)

23品種約1万株の大阪万博公園のヒマワリが、
パンフレットなどで紹介をされています。

向日葵DSC_0031

「プロカットオレンジ」と言う、
背丈の低い、園芸種のひまわりが
数多く咲いていました。

向日葵DSC_0033

<万博公園ひまわりフェスタについて>
① 日 程 8月23日(日)
② 場 所 自然文化園 チューリップの花園

2009/08/01//Sat.
暑中お見舞い申し上げます。
暑中お見舞い 1

暑中お見舞い申し上げます。

葉書やメール、
そして掲示板へ暑中お見舞いの
ご挨拶をありがとうございます。

関西の梅雨明けを待っていると
ますますご挨拶が遅れます。

気温は例年より低い夏ですが、
ジメジメしたこの湿度の高さはしんどいです。

皆様も健やかな夏を過ごされますよう
お祈り申し上げます。

九州は、博多祇園山笠で出会った風景です。

勇壮な祭りの合間に
ふと目を止めた一瞬です。
頬に風を感じるそんな涼が、
フレーミングから届いた至福の時でした。

[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。