プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/31//Sun.
熱気
関西テレビDSC_0196

関西の某テレビ局前にて
熱気あふれる若者達に出合いました。

関西テレビaDSC_0195

ガッツある拳に魅せらました。

<道草>
画像の若者達は、
撮影の快諾をして下さり感謝です。
本当にありがとうございました。

★★★これから以下の文章内容は、
画像の若者達とは一切無関係です。★★★

私の独り言です。

肉食女に「草食系男子」と言う言葉があるが、
我が家には「草食系男子」がいる。

しかも「スイーツ男子」ときている。
まだ、「弁当男子」にはデビューしていないようだが
どうなることでしょう。

数年前「腐女子」と聞いて、
「それは何?。」と、愚息に尋ねると、
早速、自分の本棚へ向かい
「腐女子」の本を取り出してきて、
これでも読んだらと言われました。
読んですぐに
一言「オタクの女性版じゃん。」と、
草食系男子のおかんは言ってしまいました。

スポンサーサイト
2009/05/27//Wed.
箕面の滝「質問にお応えして。」
昨日、画像をUPの予定でしたが、
東野圭吾の本を読んでいたら
遅くなりました。
ご質問のあった
「箕面の滝の全体」画像リクエストにお応えします。

箕面の滝aDSC_0127
(箕面の滝は紅葉が有名ですが、深緑もお勧めです。)

箕面の滝bDSC_0159

滝の夜c1
(夜の滝道)

滝d8
(ライトアップ)

箕面の滝eDSC_0044
(新緑は、2009年4月初旬です。)

箕面の滝fDSC_0088
(画面の向かって左下、この場所に猿がよく座っています。)

gD70-050601_0069.jpg
(蛍の季節の滝道です)

2009/05/25//Mon.
曲水の宴より
曲水の宴DSC_0013

平安貴族の歌遊び「曲水の宴」は、
いにしえ人に思いをはせるたくなる世界です。

2009/05/23//Sat.
2009年 万博公園ローズフェスタ
万博薔薇DSC_0161
(雫の中に太陽の塔を求めて)

万博薔薇DSC_0005
(春には珍しい白い雲です。
帰ろうとした歩みをとめてレンズを向けました。
清々しい空に伸びる薔薇です。)

「万博公園ローズフェスタ」は、
5月31日(日) 9:30~17:00、
平和のバラ園で開催されます。

「平和のバラ園」では、
大阪万博開催時に世界9ヵ国より寄贈された
バラなどを含め81種・約5600株のバラが出迎えてくれます。
.
万博薔薇DSC_0011

<止まり木のような独り言>
今年は、気温が暖かく、
六月の気温も度々です。
気温が高いため
バラが一気に咲き、
花が散るのが早いようです。

2008年のバラ


2007年のバラ


2009/05/20//Wed.
アサヒナカワトンボを撮影した場所 「箕面の滝」
滝DSC_0016

箕面の滝は、落差33mあります。

滝の上から轟音とともに、
豪快な飛沫をあげながら、
一気に滝壺へ流れ落ちる滝の姿は、
まさに雄大で荘厳です。

その横では、細く美しく流れ落ちる優雅な姿もあります。

季節ごとにいろいろな姿を見せてくれる、
そんな滝だからこそ、人の心を惹きつけるのでしょう。

滝DSC_0019

阪急箕面駅前からせせらぎの音を聞きながら
緑のトンネル(2.4㎞)を歩くと
高さ33㍍の滝に出合います。

滝が流れ落ちる姿が、
農具の箕(み)に似ていることから
箕面滝とついた名前です。

役行者などがこの滝で荒行をしたと言われており、
「日本の滝百選」に選定されいます。

<アクセス>
アクセス は、阪急宝塚線石橋駅で
箕面線に乗り換え、 梅田駅から約30分です。
私はドライブのため、滝上駐車場を利用をします。

滝DSC_0030

先日からアサヒナカワトンボ (カワトンボ)の
撮影場所を聞かれましたので
トンボを撮影した場所で
同日撮影した滝の風景です。

アサヒナカワトンボDSC_0055
(アサヒナカワトンボ ♂)

都会の喧騒を忘れて
新緑の中でマイナスイオンを浴びながら
森林浴を楽しみます。
しかもアサヒナカワトンボ (カワトンボ)に出会える
まさに至福の一時でした。

アサヒナカワトンボ
(アサヒナカワトンボ ♀)

2009/05/16//Sat.
2009年 葵祭
葵祭あDSC_0011

葵祭いDSC_0012

葵祭うDSC_0004

葵祭えDSC_0036

葵祭おDSC_0051

葵祭かDSC_0005

葵祭きDSC_0013

昨日の古都京都は、
五月晴れのお天気でした。

空には数本の飛行機雲が、
視界に入る青空の端から端へと
限りなく伸びていました。

そんな空の下では、緑色が深まり
初夏を感じさせる境内を
平安貴族を身にまとった人々が
境内の奥へ奥へと歩みをそそと進めています。

なんなりとした王朝絵巻を
感じ取って頂けたら幸いです。

京都三大祭は、葵祭・祇園祭、時代祭です。

葵祭は、
優雅な平安貴族の行列です。
しかも源氏物語や枕草子などにも
[祭り]としてたびたび登場しる歴史ある王朝絵巻です。

<撮影の舞台裏>
行列巡行の後を狙い、
今年は、ユネスコ世界遺産に登録されている
上賀茂神社へ向かい、
撮影をしました。

葵祭くDSC_0048

葵祭けDSC_0041

葵祭こDSC_0006

葵祭さDSC_0015

葵祭しDSC_0042b

葵祭すDSC_0016


続き...
2009/05/13//Wed.
2009年 勝尾寺の石楠花
先週、ご質問のあった勝尾寺の石楠花状況です。
撮影は、今週より来週からがお勧めです。

勝尾寺DSC_0009
(撮影日 2009年5月11日)

勝尾寺DSC_0012
(撮影日 2009年5月11日)

ちなみに去年は、2008年5月19日に撮影しています。
石楠花DSC_0008
(撮影日 2008年5月19日)

2008念 石楠花の状況

勝尾寺DSC_0128

勝尾寺は、大阪平野の真北です。
しかも箕面の滝の奥にあり、
石楠花が楽しみなお寺です。

勝尾寺DSC_0139

勝尾寺は、
西国23番札所、
法然上人第5番霊場、
日本最初三宝荒神で日本三荒神です。
この日は、境内にお遍路さんがいっぱいでした。

<アクセス>

阪急バスのダイヤ改正がされ
バスのルートが
北千里発 千里中央経由となっています。

バス番号系統は、
「29番系統」となります。

千里中央駅のバス停は、
1番から12番、
そして高速バスにSSOKの乗り場とあります。

ちなみに勝尾寺への乗り場は、「4番」です。



2009/05/10//Sun.
2009年 神戸港のイルミネーション
神戸DSC_0144

神戸DSC_0145

神戸DSC_0138

神戸港の海面が、
ポートタワーや海洋博物館の
イルミネーションに彩られると
神戸港は、ロマンチックな魔法に包まれ
ドラマチックなストリーが始まります。

神戸DSC_0176

神戸港では、クルーズ船がいろいろとあります。
お馴染みのコンチェルトです。
海から見渡す神戸の街並みは
また趣があります。

神戸DSC_0185

神戸DSC_0205
(月明かり)

<撮影の舞台裏>
昨日は、リンクをしている柚実さんが写真の個展を
甲南大学で開催をされていたので
作品を拝見させていただきました。
その後足を伸ばし
神戸のハーバーランドに向かいました。

青い色温度が好きな私は、
日没後が大好きです。
空に明るさが残る
日没後30分以内、
もっと希望を言うと15分以内に撮影を終了したいです。
それ以降になると、空が暗くなり、
灯りが無い場所は真っ暗になります。

しかし刻々と変わる神戸港の光マジックは、
私の撮影意欲を刺激してくれました。

消灯は、22時ですからお気をつけ下さい。
撮影は、モザイクからです。

2009/05/07//Thu.
葵祭り
葵祭DSC_0014
京都三大祭は、葵祭・祇園祭、時代祭です。

もっとも古く雅びな祭りは、
源氏物語や枕草子などにも
[祭り]としてたびたび登場する[葵祭]です。

葵[フタバアオイ(双葉葵)・カモアオイ賀茂葵]が、
祭りに使われるので、[葵祭]と言われています。

葵祭DSC07587

<撮影の舞台裏>

平安装束や
藤の房とカキツバタで飾りつけられた「牛車」など
平安の王朝絵巻を狙います。

★御所の正面★
御所の正面は、報道陣のカメラが並びます。
カメラマンは、人の高さより高い梯子から葵祭の様子を撮影し、
行列が終わるや否や
高い梯子から飛び降りると
直ぐにパソコンでそれぞれの新聞やなどへ
データーの送信が始まります。
この周辺では撮影は難しいですが、
狙うならそれなりの望遠レンズが必要です。

★御所の桟敷席★
御所前の椅子の桟敷席後ろから撮影すると
後ろにお構いなく
あちらこちらで見物人が立ち上がります。
シャッターを押している時に
動かれたらどうしようもありません。
またお天気の時には日傘も大敵です。
傘をたたんで下さいとアナウンスがあっても
見事な日傘の花が咲きます。
傘や人の間から被写体を狙っていると
必ず動いて被写体が隠れます。

お祭りに参加された方の表情を期待するなら、
行列が始まって直ぐに撮影がベストです。
まだ動きがありますから
シャッタースピードを少しでも早く切りたいです。

葵祭DSC_0070
(風光る中の斎王代)

でもなんと言っても狙い目は、
十二単姿で腰輿(およよ)にのる斎王代です。
沿道の人々の視線は斎王代に注がれます。

正面の斎王代の画像は、
いろいろな所で目にしますので
若葉をバックに
横向きの気品あるお姿をねらいます。
もちろんキャッチアイ狙いです。

<葵祭りの起源について>

起源は、飢饉に見舞われたため、
欽明天皇が上賀茂神社と下鴨神社に勅使をつかわし
祭礼を行ったのが始まりとされ
1500年もの歴史があります。

「路頭の儀」は、勅使一行が京都御所を出発し、
丸太町通・河原町通を抜け下鴨神社へ、
そして下鴨神社から鴨川沿いを北上し
上賀茂神社に奉物をもって練り歩きます。

行列の長さは約1キロで、
「検非違使」、「山城使」、
「内蔵寮史生(くらりょうししょう)」や、
「馬寮使」、「勅使」と「舞人」・「陪従」
「内蔵使(くらづかい)」が
観客の前を練り歩きます。

ちなみに「斎王」とは、
賀茂社に奉仕した未婚の内親王のことですが、
つまり斎王代はそのピンチヒッターです。

斎王代が決まると関西では、
必ずニュースになりその瞬間を待ちます。
このゴールデンウィーク中にも
流鏑馬神事(5月3日) に始まり
斎王代御禊の儀(5月4日)が
ニュースとなっていました。

2009/05/05//Tue.
2009年 若葉の錦帯橋
錦帯橋DSC_0125
1673年、
中国西湖の橋をモデルに、
約200メートルの
日本三名橋「錦帯橋」を創建しました。

錦帯橋DSC_0124

木造の五つ太鼓橋からなり、
左と右それぞれは木の橋桁、
そして流れが速い中央部分は
石の台にし三つの連続アーチになっています。

錦帯橋DSC_0104

3日、渋滞の山陽自動車道を走り
山口まで出掛けてきました。
高速道路なのですが、
それなりに走れたのは、
限られた一部の区間だけでした。

錦帯橋DSC_0100

まずは問題の宝塚トンネルの渋滞をこなし、
ほっとしたとたんに加古川辺りで又渋滞です。
時速50キロのスピードで走れば
まだよしとしないといけません。
後は20キロ以下、
ついには兵庫と岡山の県境あたりでは、
完全に車が停車しました。
少し走っては、
十数キロの渋滞ばなりで
兵庫、岡山、広島、山口と
何れでも渋滞情報や事故情報ばかり表示や
カーナビからは絶えず音声で案内がありました。

錦帯橋DSC_0093

ETC利用では1000円の恩恵と言っていますが、
赤ちゃんからお年寄りまで
国民一人当たり4200円も税金を投入しているので
あまり喜んでいられません。

山陽自動車道では、
近場の移動に
高速道路を移用したと思われる車が
至る所に見られました。

おまけにSAもいっぱいです。
やっと入った小さなSAから
本線に入ろうとして加速を始めると
不慣れな車は止まっています。
しかも安全地帯はもちろん
路肩に停車した車があちらこちらで目に付きました。

錦帯橋DSC_0091

去年までのGWの高速道路とは、
まったく違う様子にとまどい
帰りは、中国自動車道を利用しました。
思ったように
米子への分岐などで7キロの渋滞でしたが、
長距離の車が
相対的に多いいように思いました。

2月に確定申告をしながら
萩の椿見物に出掛けた時も、
今回と同じように山陽自動車道と
中国自動車道を走りました。

センターラインが3本しか見えない濃霧や
雪が舞う中の運転でしたので
その時より運転しやすいと思ったのですが、
その予想は見事打ち砕かれたGWの高速道路でした。
おまけに一人で
大阪から九州まで運転した時より疲れちゃいました。

高速道路の制限速度「最低速度」を痛感したドライブでした。

途中、渋滞で止まった時に
助手席に座っていた家族が、
四国の高速道路を走っている愚息にメールを入れ
渋滞を確認すると
こちらは、30分もサイドブレーキを上げたままだと
怒っていました。

日本列島何処でも渋滞したGWです。



[TOP] next >>
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。