プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/31//Fri.
京都の季節の風物詩「川床」「納涼床」「かわゆか」「かわどこ」
20070831070218.jpg

20070831070234.jpg

昔、失敗した京都の掟です。

京都の夏の風物詩には、「川床」があります。
漢字は同じ「川床」ですが、
「かわゆか」、「かわどこ」と、
読み方が違います。

漢字は同じ「川床」ですが、
この違いがわからないと、
同じ京都ですが場所が、
まったく違ったものになります

漢字が同じでも貴船・清滝は、
「かわどこ」と発音しないと怒られちゃいます。

この「かわどこ」は、
川面から数10センチの低い位置に床が組まれたため、まるで床のようなので呼ばれたそうです。

20070831114521.jpg

「かわゆか」は、
二条大橋から五条大橋の鴨川の西側に
「高床」がしつらえたものを言います。
最近、マスコミなどでは、納涼床と言われ鴨川沿いのお店が登場します。
フランス料理やイタリア料理、中華料理など
各種のお料理のお店が登場し、リーズナブルです。
最近は、「納涼床」の方が馴染みになってきています。

京料理は、精進料理、豆腐・湯葉・麩料理、
普茶料理、、おばんざいなどと色々ありますが、
この時期は「河床料理」ですね。
でも読み方は「かわどこりょうり」です。

この夏、「八朔」を撮影に出掛けた時、
四条大橋の北からサルスベリに彩られた風景を写してみました。
春は、向かって左に桜、手前の河川にはカラシナが咲きます。
夜は雰囲気があります。
ただし、お客様が写るのでついつい遠慮をしています。

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
2007/08/28//Tue.
法善寺と法善寺横丁
20070828152637.jpg

20070828152654.jpg

20070828152710.jpg

20070828152726.jpg

20070828152741.jpg

大阪では、世界陸上が開催中なので大阪らしい風景をお届けします。

法善寺横丁は、織田作之助の小説「夫婦善哉」の舞台となり、
「行き暮れてここが思案の善哉かな」の碑が立ち、
横丁には、藤山寛美さんと桂春団治さんの文字の看板が掲げてあります。

石畳の両脇には、歌詞にも登場する法善寺の苔むした水かけ不動さんや、
夫婦善哉、小料理屋さんなどがひしめく
浪速情緒がいっぱいの場所で、
相合い傘で男女が石畳を歩いて行くそんな景色が似合います。

夫婦善哉のお店を見ながら、
ミヤコ蝶々さん司会の「夫婦善哉を」をダブらせながら見る私です。

「なんぞ、うまいもん食べに行こうかあ。」・・・

・・・「ぜんざい」

小料理屋さんの仕込みの時間に歩いていると、
打ち水が巻かれて情緒がたっぷりで

♪包丁一本、・・・♪と

口ずさみながら私は宗右衛門町(そえもんちょう)へ歩きます。

そんな法善寺横丁も「まつり」になるとジャズが何処からともなく聞こえます。
20070828152822.jpg

(画像に撮影したものは藤山寛美氏の直筆[法善寺横丁」の看板です。)

20070828152755.jpg


ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

2007/08/27//Mon.
2007年 芦屋花火大会といたみ花火大会(花火の撮影方法について)
a070826a.jpg

8月11日は、 MBS ビーチスタイル芦屋花火大会 in 第29回芦屋サマーカーニバル。

8月25日には「華美彩祭」がテーマの第27回いたみ花火大会」がありました。

ちなみに8月18日「猪名川花火大会の画像は無いの?」と、
聞かれそうですから先にご報告します。
プロ野球と高校野球を見ながら、リビングから眺めていました。(失笑)
すべて自宅から約20キロ、約10キロの花火を狙いながらの撮影です。

i0708260019.jpg

約20キロ、約10キロの花火の撮影では、距離があり花火の光跡がシャープになりません。

そこで、

今回は全て約20キロ、約10キロの花火で、
下記の方法と試すとどうなるかをチャレンジです。

①「多重露光撮影」
②「露光間ズーミング」
③「露光間にピント移動」です。

もうここまで内容を紹介すると、
画像編集ソフトで合成したらと言われそうですが、
やはりレンズから表現される光玉などに憧れて撮影をしていました。

多重露光撮影は、スピードと絞りは、全てマニュアルです。

<多重露光の回数と補正値です。>

2回ならー1EV
3回ならー1.5EV
4回ならー2EV・・・

u0708260093.jpg

e0708260072.jpg

o0708110161.jpg

ki0708110121.jpg


ちなみにいつも使う180ミリマクロレンズで撮影をしています。

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

2007/08/26//Sun.
炎の饗宴「がんがらの松明」・ガンガラ祭り・その2
a0708240094.jpg

i0708240068.jpg

u0708240091.jpg

e0708240049.jpg

o0708240078.jpg

ka0708240099.jpg

ki0708240046.jpg

「がんがら火」は、毎年8月24日夜に行われる
池田の伝統的な夏の風物詩です。
「ガンガラ、ガンガラ」と、
半鐘や八丁鉦(かね)の音が市内に響き渡るなか、
大きな松明が市内を練り歩きます。

ご神火を灯した長さ約4メートル、
重さ約100キロの大松明が2本一組になり、
市内を練り歩くさまはまさに圧巻です。
大松明は全部で3基でした。

地元では、松明の火を家の神仏に灯明するため、
松明の後をついて歩き、松明を拾っておられる方々を
何度も目にしました。

今回は、ノイズが出るぎりぎりにISOを変更して撮影をしています。

(半鐘や八丁鉦の音を頼りに歩みを進めると松明に出合えます。
ちなみに19:30から22:00間が、がんがら火祭りの時間です。)

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

2007/08/25//Sat.
2007年 がんがら火祭り 大文字(大阪府池田市)
0708240023.jpg

0708240153.jpg

0708240130.jpg

0708240142.jpg

池田市の重要無形文化財の「がんがら火祭り」は、
毎年8月24日に行われ、360年目を迎える伝統行事です。
京都の送り火のように、
池田の五月山には、
大一文字と大文字が灯され夜空を焦がしました。

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

2007/08/23//Thu.
2007年 白壁の街「柳井の金魚まつり」から
20070823163543.jpg

20070823163558.jpg

20070823163613.jpg

20070823163625.jpg

20070823163640.jpg

20070823163653.jpg

2007年 今年も柳井の「金魚ちょうちん祭り」を見てきました。
今年は、早朝に出掛けましたが、
運良く雨が上がり、虹がかかった金魚ちょうちんを見ることが出来ました。

2000個の金魚ちょうちんが白壁の町並などに飾られており、
柳井駅前から 麗都路通りには 金魚ちょうちんのついた竿灯があり、
柳井川筋には 金魚の絵柄の提灯が
飾られ街全体がお祭り真っ盛りでした。

2005年 真昼の白壁の街に飾られた金魚ちょうちんです。

松本清張の『花実のない森』のなかで、
「伊東の下田・備中の倉敷にも負けない土蔵作りの町並み」と、
紹介されている柳井へ出掛けました。

山口の東部にあり、室町時代には大内氏の東の要港となり、
江戸時代には瀬戸内海屈指の商都として栄えた町で、
岩国藩のお納戸と呼ばれていました。

白壁が立ち並ぶ「白壁道り」は、
国の重要伝統的建築物の群保存地区に指定をされています。

白壁と格子戸の古い町並みが200メートルほど続き、
国の重要文化財指定をされている「国森家」や、
明治の文豪国木田独歩の旧家などあります。

岩国藩主もお気に入りだった甘露醤油は、
関東のお醤油とは違い独特の甘みがあります。
好みもありますが、この柳井の醤油が大好きなので、
今年も買ってお土産にしました。

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

2007/08/22//Wed.
夕日に染まる、雲
0708100066.jpg

(撮影日 2007年8月10日 18:47)
見上げた夕日が、雲を染めています。

大阪では、クマゼミが異常繁殖をして、
蝉時雨が五月蠅いです。

このクマゼミは、
幹線から家庭に引き込む光ファイバーの線を、
枝と勘違いをし、
産卵管をさして遮断をする悪戯をしていると言う。
自然と人間との共存が大切ですね。

蝉の鳴き声も、ニイニイゼミからアブラゼミへ、
ミンミンゼミからツクツクホウシへと
セミの鳴き声が代わり、
季節の移ろいを感じます。

残暑が厳しい大阪ですが、
ヒグラシの鳴き声に、
ふと日が短くなっていることに気づく今日この頃です。

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

2007/08/21//Tue.
大畠の瀬戸 大島大橋 釣りスポット(大島・柳井市大畠・山口県)
20070821063625.jpg

瀬戸内海の美しい海岸線に走る国道188号線からは、
日本三大潮流の「大畠瀬戸」や、
瀬戸内海に浮かぶ島々が眺められます。

大畠瀬戸辺りは、釣り好きが大好きな「釣りスポット」です。

20070821063639.jpg

撮影する時は、穏やかな海でしたが、
柳井市と屋代島にまたがる「大畠瀬戸」は、
日本三大潮流の一つです。

「大畠瀬戸」には、「大島大橋」がかかっていますが、
この橋は、四国架橋の試作に作られた橋で、
橋脚付近では、時間になると荒々しい渦潮を見られます。
橋の下を通過する船が、激流に揉まれながら
通過する様は迫力があります。

その昔、「般若姫」が、
用明天皇の后として上洛する途中、
大畠灘の嵐を鎮めるために身を投じた悲劇の場所です。

このお話は、関東ではW大、関西ではR大の入試などでも登場する「般若姫伝説」のお話で、
大分県の臼杵石仏の伝説には、この「大畠瀬戸」が登場をします。

般若寺(西国三十三観音霊場)山口

20070821063652.jpg

20070821063705.jpg

(ここから朝日に輝きながら
瀬戸内海を走るブルートレイン「やぶさ・富士」を
撮影したかったのですが、
この場所につき時間を確認すると、
15分前にブルートレインは、走りさった後で残念でした。
しかし、
やはりカメラを持った方々がおられ、
「惜しいねえ。後15分早かったら写せちゃったのに。」と言われて
何かしらほっとして山陽本線の列車を狙いました。
20070821063726.jpg

20070821064113.jpg

<屋代島について>
周防大島は、瀬戸内海の東に浮かぶ島で
正式名称は屋代島です。
瀬戸内海では3番目に大きく、
「瀬戸内海に浮かぶハワイ」と呼ばれています。
20070821064130.jpg

20070821064143.jpg

こののどかな風景は、平和のあかしです。

戦争中は、広島の呉で建造された戦艦など連合艦隊の停泊地でした。
柱島自然の要塞で練習をしていたそうです。
(写真でわかるように、ここから呉市まで約30キロありません。)
戦艦陸奥は謎の沈没をしましたが、
戦艦大和は、片道燃料で帰らざる水上特攻へと船出をしていきました。

戦艦大和のふるさと「大和ミュージアム(呉市)」では、
戦艦陸奥の砲身やスクリューが展示されています。
もちろん館内の展示には、この柱島も登場します。

20070821085643.jpg

20070821090332.jpg

この島々に、隠すように連合艦隊を停泊させていたそうで、
島々も米軍機の空襲の爪痕が残っています。

子供の頃、岩国や柳井の山には、
戦時中「松ヤニ」を採取した跡が残っていました。
ちなみに「松ヤニをとりに行って、
広島に投下された原子爆弾のきのこ雲を見た。」と、
母親が話してくれました。
20070821064156.jpg

前島、浮島、柱島、黒島、頭島、福島、
そして画面に向かって一番に右は、屋代島です。
20070821064208.jpg


ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

2007/08/19//Sun.
宮島(厳島)と大野瀬戸
20070819165847.jpg

(瀬戸内の空と海をお楽しみ下さい。)
i0708140049.jpg

20070819170125.jpg

20070819165940.jpg

20070819170001.jpg

20070819170020.jpg

20070819165913.jpg


帰省ラッシュのピークを知りながら
山陽自動車道を西に走りました。
岡山から広島に入ると、
早速、車のナビから渋滞の警告を何度も話しかけてます。

車中はクーラーが効いていますが、
灼熱の太陽が、ガラス越しに容赦なく
ギラギラと照りつけます。
このまま高速道路の渋滞の中、
徐々に西に進むことも考えましたが、
フロントの照り返しと、ジリジリとした光に、
海沿いを走る事にしました。

尾道も良いですが、
東広島から
広大や八本松ゴルフクラブを眺め、2号線に合流し、
海田へと向かいました。
魅惑的なの誘惑に負けないように、
広島市内へと向かい、比治山、平和公園、市役所を走り、
一路宮島を目指しました。

瀬戸内海の風景は、多くの島々と牡蠣筏が海のアクセントになっており大好きです。
また松島の小島とは異なり、
四国や九州の借景があり、幾重にも島がかさなります。

天然の岩礁や瀬に恵まれた場所なので美味しい魚介類を楽しめます。
広島県のお薦めの食べ物は、「お好み焼き」、
お笑いや歌番組にも登場して有名になった「もみじまんじゅう」、
そして「牡蠣」を紹介しないわけにはいけません。

20070819170243.jpg


厳島神社の五重塔

厳島神社と鹿

厳島神社と町家通り(安芸の宮島・広島)

安芸の宮島

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking


2007/08/18//Sat.
京都大文字五山の送り火
20070818173728.jpg

(点火をする人々を狙ってみました。
したがって火は露出オーバーですからあしからずご了承下さい。)
20070818173742.jpg

(この場所からは、点火をする人々の声が聞こえる為、
臨場感がひしひしと感じられます。)
20070818173807.jpg

(この場所からは、大文字の中心部にある祠まで見えます。
しかもこの場所は、観光客がほとんど訪れない桜のスポットです。)
あまり公開するとまたカメラマンが増えるため
丸秘スポットになりませんね。
20070818173821.jpg

(京大近くのお墓から眺めています。
この辺りは、夜にお墓参りをされており、
お墓から眺めました。
この場所からも、点火前には、消防自動車のサイレンが鳴り響き、一気に「大」の文字が夜空に浮かび上がります。)
20070818173919.jpg

(左大文字です。鹿苑寺の門近くにある喫茶店の二階から眺めると最高です。)
20070818173935.jpg

(左大文字と舟形です。
この両方の送り火は、「妙」と同じ撮影スポット「北大路」から眺めています。)
20070818173951.jpg

(私は、真如堂から銀閣寺に向けて歩く小さな路地から「法」を眺める風景がお気に入りです。
ここからは、紅葉がご覧のように楽しめます。)
20070818174012.jpg

(16日の嵐山では、灯籠流しもあります。
ここから送り火の「鳥居」形も見えます。
鳥居形の火は、他の送り火と異なり、順番に明かりが灯ります。)

京都の夏の風物詩、五山の送り火です。
夏の夜空に炎が燃え盛り、火の粉で空を赤く焦がし、お盆の精霊を送ります。
あの世への道を迷わないように、次々に点火されます。

★ 最初に大文字(東山如意ヶ嶽)は、午後8時点火
(色々な場所が紹介されていますが、この場所をメインなら吉田山からの眺めが最高です。
そこなら300万画素のデジカメで望遠なしでも気軽に撮影出来ます。)

★ 妙法(松ヶ崎西山・東山)は、午後8時10分点火
(この場所をメインならノートルダム女子大周辺からの撮影がベストです。)

★ 船形(西賀茂船山)は、午後8時15分点火
(精霊船は、宝ヶ池辺りの道路からも見られます。)

★ 左大文字(衣笠大北山)は、午後8時15分点火

★ 鳥居形(鳥居本曼荼羅山)は、午後時20分点火

市内が暗くなり、まず東山如意ヶ嶽に大の字が浮かび上がります。
何処からともなく人々の声があがり、
続いて、妙・法、船形、左大文字、鳥居形が灯り精霊がお帰りです。

二十数年前から数回ご招待頂いた、
とある金融関係のビルの上が最高でした。
全ての送り火が順番にはっきりと見えました。

16日は、京都大文字五山の送り火はもちろんの事、
清水寺、お東さんの万灯会、嵐山の灯籠流し、そして広沢の池などで、
先祖供養の蝋燭の炎や、
こまぎなどが、川面や古都の空を赤く染め幽玄の世界です。

今年は、最高気温で京都入りはあきらめ、
NHKで放映をされていた京都大文字五山の送り火を見送りました。

今年、気温が例年通りなら当初は、3パターンから選ぶつもりでした。

第1案
嵐山で、渡月橋から灯籠流し眺め、直ぐに広沢の池で灯籠流しと鳥居を見送りたいと思っていました。

第2案
お東さんの万灯会から、その一面のお墓を抜けて清水さんへの道をお参りしたいと思っていました。

第3案
女性一人では心許ない場所ですが吉田山も考えていました。

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。