プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/29//Fri.
観光バスの行かない京都「祇園」
20070629053231.jpg

京の町並みには、
通りに面して路地(ろうじ)や辻子(図子)があります。

表の通りに面した一角には、
人が一人通れるくらいの路地や辻子(図子)の入り口があり、
門や表札が掲げられています。

20070629053246.jpg

20070629053257.jpg

20070629053309.jpg

o0401e.jpg

ki.jpg

20070629053343.jpg

路地(ろうじ)や辻子(図子)は、
袋小路が多いです。
しかし、時には「通り抜けできます。」の看板が
掛かっていたりしますので、
観光客で通りが混み合う時、
ふらりと路地にはいると
そこは石畳や石灯籠などがあり情緒があります。

観光客の流れにのり、
阪急四条駅から四条通りを八坂神社に向けて歩きます。
途中、一力茶屋さんの所で角を右折し、
花見小路通を歩くと、
その先は、石畳に京格子、
そして軒下に組み込まれた駒寄せや、
軒下につるされた簾などの町家造りの建物が並びます。

お茶屋さんや雑貨屋さんなどが並び、
暮れなずむ頃、お店から薄明かりがこぼれ
人々が行き交い、
路地から舞妓さんが登場したりします。

朝や昼間に路地を訪れると、
この花街を支える凛とした人々の姿が見られます。
祇園情緒あふれるを通りを散策してみてはいかがですか?

一力茶屋の風景から


e_03.gifFC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
2007/06/27//Wed.
観光バスの行かない京都シリーズ「仲源寺・目やみ地蔵さん」
20070627072324.jpg

観光バスも行かないそんなお寺のご紹介です。

仲源寺は、京都の南座と料亭一力さんの間にあります。
賑やかな四条通りのに面していますが、
観光客は、四条駅から八坂神社や知恩院、
清水さんへと向かうため見過ごすお寺です。

この寺の起こりには二つの説があるそうです。
一つは、1228年に鴨川が氾濫した時、
地蔵菩薩を安置したのが起こりという説と、
雨に降られた人が雨宿りをしたことから
雨止地蔵と言われた説の二つです。
(京都の観光情報システムなどでは、鴨川説が紹介をされています。)

雨止地蔵と呼ばれていましたが、
「雨止」が「目疾」になり、
目疾地蔵として有名になりました。

眼病に霊験があるとされ
「目やみ地蔵さん」の愛称で呼ばれています。

洛陽三十三所観音霊場、第十六番札所

観光寺院ではありません。
駐車場は、なしです。

お昼間の境内も好きですが、夜の境内はもっと風情があり好きな場所です。
観光客の流れに乗って歩くと行き過ぎます。
くれぐれも行き過ぎないようにして下さいね。

1129DSC_0014.jpg

e_03.gifFC2 Blog Ranking


2007/06/25//Mon.
2007年 久安寺の紫陽花
20070625162320.jpg

20070625162332.jpg

20070625162352.jpg

白い水草は、オオカナダモです。
トチカガミ科の多年草で、南アメリカからの帰化植物です。
オオカナダモは、雌雄別株ですが、
日本には雄株のみのため、栄養生殖でふえます。
20070625162408.jpg

20070625162433.jpg

20070625162452.jpg

20070625162509.jpg

20070625162523.jpg

久安寺は、725年、聖武帝の勅願で行基の開創です。
1145年に近衛帝の祈願所として、
楼門、金堂などを再興し久安寺と称しました。
1595年には、豊臣秀吉がこの久安寺で茶会を催しました。

このお寺は、
西国薬師18番霊場
摂津観音19番霊場
摂津大師67番霊場
そして関西花の寺12番霊場です。

<一口メモ>
6月下旬の現在、紫陽花は満開です。
今年は、池を中心に撮影をしてきました。

(撮影日 2007年6月)

2006年 久安寺の紫陽花


2006年 久安寺の紅葉


e_03.gifFC2 Blog Ranking

2007/06/24//Sun.
高槻花しょうぶ園の花情報(大阪府高槻市)
20070624192229.jpg

20070624192243.jpg

20070624192253.jpg

20070624192303.jpg

20070624192314.jpg

峠を越えると京都の亀岡になる
そんな高槻市北部の山間地に
高槻花しょうぶ園があります。
山に包まれた約4.5ヘクタールのこの園内には、
水ばしょう・しゃくなげ・花しょうぶを楽しめます。

この時期、約2haの園内には約500種、100万本の
花しょうぶが出迎えてくれました。

JR高槻駅からバスに乗り約40分かかりますので、
私は自分で運転をして出掛ける事にしました。

箕面から府道豊中亀岡線を使い、
隠れキリシタンの里として有名な忍頂寺や
キリシタン史料館などを通り茨木市の清阪へと向かい、
久し振りに1車線で対面通行も困難な清阪峠越えをし、
府道茨木亀岡線、そして田能へと抜ける
府道柚原向日線を走りました。

やはり清阪峠は、見通しが悪く、
木々が生い茂り昼も薄暗い場所で、今回も緊張しながら運転をしました。
(この辺りは、大阪と京都の境を何度も行ったり来たりしながらの運転です。)

帰り道は、ほとんどの道を茨木亀岡線を使い、
名神高速道路まで南下をして帰りました。
この道の方が見通しが良く運転しやすいので
次回からはこのルートや、
高槻市街を北上するルートがお薦めです。

なお園内は花菖蒲中には、金・土・日はライトアップされ、
また蛍も楽しめます。

e_03.gifFC2 Blog Ranking

2007/06/23//Sat.
2007年 勝尾寺の紫陽花情報(大阪府箕面市)
a0706180049.jpg

i0706180081.jpg

u0706180044.jpg

e0706180096.jpg

o0706180053.jpg

ka0706180070.jpg

ki0706180144.jpg

ku0706180108.jpg

ke0706180085.jpg

ko0706180024.jpg

2007年、雨雲がたれ込め、
もやが立ちこめる中、
勝尾寺の紫陽花を見てきました。
山門前、池周辺はまだ工事中です。
境内の紫陽花はご覧のような状態です。

(撮影日は、2007年6月)

撮りためた勝尾寺の四季です。
紫陽花の比較をして下さい。
あともう少しで満開です。


e_03.gifFC2 Blog Ranking

2007/06/22//Fri.
飛行機の撮影スポット「送迎デッキ」
20070622145908.jpg

飛行機を撮影する瞬間は、
プロペラや機種によりシャッタースピードを考え、
しかもJALとANAでは露出補正が異なります。
その上ピント合わせをしながら飛行機を追いかけていますので、
短時間でいろいろなチャレンジをしないといけません。
でもこの緊張感はお花とはまた違うもので、
刺激的で何度となく足を運んでしまいます。

今回は、千里川から送迎デッキまで歩きましたので、
夕暮れ時を撮影したものです。

パイロットの姿を狙ってみました。
流し取りをしましたが、ごらんのような状態です。
シャッタースピードは1/200秒にして
羽根は動きがでましたが、
流し取りの味がありません。

20070622145920.jpg

20070622145932.jpg

20070622145944.jpg

20070622145956.jpg

20070622150008.jpg

20070622150018.jpg


(撮影日は、2007年6月)

e_03.gifFC2 Blog Ranking

2007/06/21//Thu.
大阪国際空港撮影スポット「千里川」のご紹介
a0706200114.jpg

20070621180546.jpg

u0706200407.jpg

e0706200335.jpg

o0706200347.jpg

ka0706200199.jpg

ki0706200200.jpg

ku0706200084.jpg

ke0706200331.jpg

ko0706200226.jpg

sa0706200332.jpg

si0706200210.jpg

千里川の原田大橋から、
千里川に沿って梨高橋の間に
「原田進入灯橋」があり、
この上を飛行機が離発着して行きます。

飛行機マニアには有名な場所で、
迫力のある飛行機が楽しめます。

プロペラ機の時は、
伊丹豊中線の走井2丁目のトンネル入り口横の道から
入り見ます。

この周辺には駐車場はありません。

今回の画像は、全て原田中二丁目からです。
今回は望遠レンズは使っていません。
望遠レンズの替わりにマクロレンズを使っています。

(撮影日 2007年6月)

離発着の飛行機を真横から撮影する時は、
下河原緑地・エアロフロントオアシスからの撮影が便利です。

離発着する飛行機を真横、真下から撮影する時は、
平成18年7月9日に一部オープン「伊丹スカイパーク」が利用できます。

宝塚方面をバックに離陸する飛行機を撮影する時は、
「スカイランドHARADA」が利用できます。

(撮影日は、2007年6月)

e_03.gifFC2 Blog Ranking

2007/06/19//Tue.
釈迦院<摂津八十八ヶ所霊場 第57番>
a0706160083.jpg

i0706160090a.jpg

u0706160091.jpg

e0706160094.jpg

o0706160099.jpg

新功皇后が新羅出兵の際、
戦勝帰国に際して国王よりの献上された、
仏舎利、袈裟、鉄鉢を埋蔵していた場所がこの地です。

奈良時代になると、行基菩薩が夢のお告げにより
この地より三宝物を掘出し、
聖武天皇の勅命で一寺を建立、
鉢多羅山(はったらさん)若王寺釈迦院を賜ったそうです。

その後織田信長の兵火で焼かれ、
鉄鉢以外は灰となりました。
しかし、建物は再建され
豊臣秀吉の朝鮮の役には、
北政所が戦勝祈願をしたそうです。

門は中国風です。
今回は大阪教育大学池田校から下校する小学生に遭いました。
釈迦院、水月公園と回りましたが、
近くには多羅宝鉢を納めた石窟の鉢塚古墳があります。

なお釈迦院は、地元の人々から
尊鉢厄神として厄除けの寺として親しまれています。

<摂津八十八ヶ所霊場 第57番札所 池田市鉢塚>

(撮影日 2007年6月)

e_03.gifFC2 Blog Ranking
2007/06/17//Sun.
2007年 大野アルプスランドの紫陽花情報
a0706170012.jpg

i0706170003.jpg

u0706170018.jpg

e0706170022.jpg

o070617DSC_0040.jpg

20070617200519.jpg

猪名川渓谷県立自然公園にある大野山は、
阪神地区で最も標高があり753mです。

この山には大野アルプスランドがあり、
キャンプやバードウォッチング、展望台なども楽しめます。

<一口メモ>
山頂には、NTTパラボラアンテナ電波塔や
甲南大学のチェレンコフ望遠鏡、
展望台などの施設がありますが、
山頂周辺を12000株のアジサイの花が、
一面埋め尽くしています。
本日は、紫陽花の開花を調べに出掛けてきました。

澄み切った風が頬に心地よい中、
素晴らしいパノラマの風景を眺め感激でした。
紫陽花の開花は、来月辺りがピークでしょうか?
下り路への数本が色づきでした。

(車でのアクセス)
県道12号線(川西篠山線)を篠山方面に走り、
途中杉生交差点を左折し、
ゴルフ場の入り口を右に折れ、
後は細い一本路を登りました。
女性で三ナンバーでは久し振りに運転したと実感がありました。
サイドミラーをたたむような道ではありませんし、
対向車の心配がいりませんから、
昔の吉野山や大阪から京都の山越えより数段運転は楽です。
おまけに一方通行となっていますので、
路肩待避がなくて助かりました。

帰りに杉生交差点の手前4kmにある
「ペンションKINOKOEN」に入り
おそばをいただきましたが美味しかったです。
ついでに
大野山を源流とする清流猪名川もありますので、
紫陽花や蛍についてのお話をペンションの方に伺ってみました。

ペンションの紫陽花が満開となり、
その一週間後には大野山の紫陽花も見頃となるそうです。

ホタルも猪名川で楽しめるそうですが、
足を伸ばして篠山のホタル狩りも良いそうです。

この周辺には、チェリーゴルフクラブ、
パインヒルズゴルフクラブなどがあります。
目印のログキャビン式のペンションに紫陽花が艶やかでした。

(撮影日は、2007年6月17日)

20070617200542.jpg

ku0706172.jpg


e_03.gifFC2 Blog Ranking
2007/06/16//Sat.
この週末に楽しめる「水月公園」(大阪府池田市)
a0706160159.jpg

i0706160135.jpg

u0706160120.jpg

e0706160117.jpg

o0706160109.jpg

水月公園には、
友好都市・蘇州市(中国)から贈られた「斉芳亭」の周囲に、
60品種、6000株の花菖蒲が植えられています。
<一口メモ>
今年(2007年)はここでも葉先が茶色に変色をしており、
ファインダーを覗くと目につきました。
今年も紫陽花や雲南萩なども彩りを添えていました。

「斉芳亭」の床部分の白色や淡い花菖蒲は、
「斉芳亭」の屋根の部分を入れながら撮影すると
EVの差が激しいため補正がないと
白トビをさせてしまいます。

e_03.gifFC2 Blog Ranking
[TOP] next >>
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。