プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/31//Wed.
妙心寺(京都市右京区)
20070131183635.jpg

20070131183702.jpg

20070131183717.jpg

妙心寺は、全国に3500もの末寺を有する臨済宗妙心寺派の総本山で、
7つの伽藍に46の塔頭寺院があります。

冬の京都は、普段見学することのできない非公開文化財が特別公開されます。

今年も「第41回 非公開文化財特別公開」が、開催されています。
開催日 平成19年1月13日(土)~平成19年3月18日(日)

今年の非公開文化財特別公開は、
妙心寺山内最古の建物「微笑庵」や、
枯山水のある「玉鳳院」、
徳川家光の乳母「春日局」の菩提寺「麟祥院」、
そして長谷川等伯などの名作を楽しむ「龍泉菴」です。

なお妙心寺で企画された特別企画もありますますのでどちらも楽しめます。

特別企画「閑寂の禅 非公開寺院特別公開」は、
2月1日(木)~3月26日(月)まで開催をされています。
こちらではNHK大河ドラマ「功名が辻」山内一豊夫妻の菩提寺などが公開されます。

期間中ですが、公開されていない日もありますので確認が必要です。
公開されていない日でも
塔頭それぞれの門から見える風景は、
ここに趣がありますので
はんなりと出掛けてみませんか?

塔頭と塔頭の間の路地は細長く、
石畳や白壁と松並があり、
テレビの時代劇はもちろん、
映画「阿修羅城の瞳」でもロケ地となっています。

普段から公開されているツツジなどが印象的で4つの庭がある桂春院、
山水庭園が素敵な退蔵院、
阿吽の庭が名高い「大心院」などの塔頭があり、
いっぽ境内にはいると、
カメラはアルミのケースに直し、
ゆっくりと襖や山水がを拝見し、
縁側に座り抹茶を頂いたりします。
時間が止まった錯覚に陥ります。

<一口メモ>
沙羅双樹の東林院は、沙羅を愛でる会などで公開されます。
お抹茶を頂きながらお花を愛でますが、参拝者がいっぱいです。

龍泉菴は、撮影可です。
くれぐれもマナーを守って撮影をしたいですね。

妙心寺HP
http://www.myoshin.com/index.html
20070131183732.jpg

↓ ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
2007/01/29//Mon.
2007年 東山花灯路
0603210179.jpg

0603210189.jpg

東山花灯路が、今年も開催をされます。
梅の香りと桜の彩りの季節、
今年も約2400基の行灯が 石畳などに揺らめき情緒がたっぷりです。

日  時・・2007年3月10日(土)~21日(水・祝)
点灯時間・・18時~21時30分

青蓮院から清水寺までを光や花、音楽で演出をします。

<一口メモ>
二年坂、産寧坂は、観光客でいっぱいで、三脚を使用できる場所がありません。
(画像は、清水寺)
0603210103.jpg

(円山公園にて)

↓ ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking


2007/01/25//Thu.
大阪万博公園の水仙情報
0602280004.jpg

0701140132.jpg

大阪万博の水仙は、チューリップの花園の横にも咲いていますので、
梅林から茶畑を抜け、日だまりの池までお越し下さい。
この池の側から国立民族学博物館方面を眺めると、
水仙の花園が目に飛び込んできます。

水仙は、寒い冬空の下でじっと耐えながら咲き、
やがて来る本格的な春の訪れを教えてくれます。

北風に耐えるその姿は、
凛として美しいく頼もしい限りです。
また水仙のほのかな甘い香りは、
自然から届く「春の訪れ」のお便りです。

↓ ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking


2007/01/23//Tue.
大阪城梅林
20070123065830.jpg

20070123065842.jpg

大阪城梅林は、JR大阪城公園駅から約10分と便利です。
入園は無料、終日開園をしています。
梅林には、約95種類、約1250本の梅が咲いています。
今年も早咲きの梅がちらほらと咲いています。

(画像は、2005年2月20日のものです。
今年は、「アクアライナーの梅船」前の2月上旬に予定をしています。)

大阪城梅林情報の詳細は、また後日お届けします。



関西梅情報
京都北野天満宮(21画像)50種類 2000本
京都京都府立植物園60種類 150本
大阪大阪城公園95種類 1250本
大阪大阪万博記念公園(5画像)92種類 650本
大阪 大阪天満宮(20画像)約20種類100本
大阪服部緑地(豊中)約200本
大阪水月公園(池田)約200本
大阪南千里公園(吹田)約150本
兵庫緑ヶ丘公園(伊丹)(10画像)50種類・約400本


梅(180㎜マクロレンズにて撮影)


<一口メモ>
人出が多いので、撮影中は交換レンズなどの持ち物にはくれぐれもご注意下さい。

↓ ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking


2007/01/21//Sun.
宮原総合運転所
0612250024.jpg

0612150017.jpg

0612250030.jpg

宮原総合運転所は、
新大阪駅付近高架下に見ることができます。
ここでは、新幹線とトワイライトエクスプレスなどの車両、
そして飛行機が見られ、旅に出掛けたくなる場所です。
0612250041.jpg

↓ ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking


2007/01/20//Sat.
センター試験に勝つ学問の神様「北野天満宮」京都市上京区
20070120084455.jpg

20070120084515.jpg

20070120084530.jpg

20070120084553.jpg

20070120084606.jpg

20070120084619.jpg

20070120084631.jpg

20070120084643.jpg

2007年1月20日21日とセンター試験が始まります。
この北野天満宮は、受験生やその親に人気の神社です。

学問の神様「北野天満宮」は、
九州の太宰府へ流刑となった菅原道真公の怨念を鎮めるために創建されたものです。
境内の絵馬には、受験校がいっぱい並んでいます。

また毎年「梅花祭」が開催されます。
門には、「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」の歌があります。
境内の約2000本の梅が、国宝の本殿や重要文化財の太陽や月、星の「三光門」を甘い香りに包みますので、受験のお参り以外にもお出掛け下さい。

なおこの天満宮には、大黒組灯籠があり、この大黒像の頬に小石をのせ、
上手くのったらその小石を財布に入れておけば、
お金が貯まると言われています。

駐車場横では、豊臣秀吉が1587年北野天満宮境内で催した大茶会跡が見られ井戸もあります。

出雲阿国がこの神社前で歌舞伎を演じていたそうで、
「北野天満宮が発祥の地」という説もあるそうです。

北野天満宮は、太宰府天満宮・防府天満宮と共に、
日本三大天神の一つです。

(撮影日は、2007年1月7日です。 平地でも雪が降った日に出掛けたものです。)

某高校の先生は、毎年この天満宮の合格鉛筆を
受験生にプレゼントをして下さいます。

外国語 地理歴史公民 数学、国語、理科、
受験はながいです。

昨年は、履修問題が出ていましたが、
センターで受験した地理歴史以外で本試験は、記述式で受験しなければならないとする大学があることを
ほとんどのマスコミは放送していません。

さあ、
お礼参りが出来るように健闘をお祈りします。

↓ ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking


2007/01/18//Thu.
2007年 大阪万博の梅情報
0701140115.jpg

0701140100.jpg

2007年 万博公園の梅は、早咲きの梅が咲き初めています。
今年も梅祭りが開催されるでしょうから、情報は随時追加をします。

自然文化園 梅林・水車茶屋・日本庭園で梅を愛でることができますが、
万博では92種の梅を楽しめます。

撮影日は、2007年1月13日 梅は「玉牡丹」です。

2006年 万博の梅(風景)

マクロ撮影・その4

マクロ撮影・その3

マクロ撮影の梅・その2

マクロ撮影の梅・その1

↓ ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking


2007/01/16//Tue.
37年の時を超えて大阪万博時の「スタンプ帳と絵はがき」限定販売
20070116053230.jpg

20070116053249.jpg

20070116053303.jpg

昭和45年に開催された大阪万博の公認グッズとして販売されていたスタンプ帳と絵はがきが、
製造元の和歌山の倉庫から11月に大量に発見され、
37年の時を超えて来年1月7日から再び大阪万博で限定発売をされていました。
私もスタンプ帳と絵はがきにつられて並びましたが、公園の開門時間に出掛けた為人がいっぱいでした。
絵はがきは、私の横の列で引換券が無くなりましたが、スッタンプ帳だけは運良くゲットが出来ました。
大阪府吹田市の万博記念公園には長蛇の列ですから、
引換券を受け取ると、いつもお見かけする万博職員さんやカードマンさんに
「凄い混んでるやろう。」と声をかけられながら、
梅や水仙、ロウバイなどの咲き具合を確認に向かいました。

梅やロウバイは咲き始めです。

アルバムのこの色は、万博開催中の物です。
37年のタイムカプセルから登場したタイムトンネルで時代の変遷を感じます。

↓ ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking


2007/01/14//Sun.
学問の神様北野天満宮のロウバイ情報 京都市上京区
20070114083336.jpg

学問の神様「北野天満宮」は、
九州の太宰府へ流刑となった菅原道真公の怨念を鎮めるために創建されたものです。
「天神さん」の愛称で親しまれ、受験生に人気の神社です。

門には、
「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」の歌があります。
毎年、「梅花祭」では境内が梅に染まります。
このセンター試験の時期には、境内にはロウバイが咲きます。
今年も1月7日にロウバイを愛でてきました。

境内には、国宝の本殿や重要文化財の太陽や月、星の「三光門」がありますので、
受験のお参り以外に観光も出来ます。

この天満宮には、面白い灯籠があります。
大黒組灯籠です。
本殿の東前にある この大黒像の頬に小石をのせ、
上手くのったらその小石を財布に入れておけば、
お金が貯まると言われています。
お年寄りの参拝者は、小石の方と、一円玉でチャレンジされる方とあります。
いつもどちらかしらと思いながら撮影をしています。
駐車場横では、豊臣秀吉が1587年北野天満宮境内で催した大茶会跡が見られ井戸もあります。

出雲阿国がこの神社前で歌舞伎を演じていたそうで、
「北野天満宮が発祥の地」という説もあるそうです。
鳥居前のお店の家紋も梅ですから、縄で作った家紋も楽しんで下さいね。

北野天満宮は、太宰府天満宮・防府天満宮と共に、
日本三大天神の一つです。

北野天満宮の春

(撮影日は、2007年1月7日 一時期雪が降った後)

<一口メモ>

この石灯籠は、濡れた石灯籠の方が趣があります。
本殿近くのロウバイには葉が残っていました。

<緊急連絡>

先週の日曜日から購入して半年のpCの調子が悪い為、メーカー修理依頼をしています。
お伺いをすると、国内の有る場所に飛行機で移送し、
修理のようです。
掲示板等にいろいろと投稿頂きながらお返事などが遅れて申し訳ありません。
随時お返事をさせて下さい。

↓ ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking


2007/01/14//Sun.
今宮神社の十日戎
20070114071029.jpg

20070114071043.jpg

20070114071058.jpg

20070114071111.jpg

20070114071127.jpg

♪商売繁盛で笹もってこい ♪

今宮神社は、愛称「えべっさん」です。
商売繁盛の神様として知られ、御利益は、開運招福・商売繁盛・交通安全です。

今宮神社の十日戎は、「商売繁盛で笹もって来い。」の威勢のいいお囃子で、
大阪の正月を彩る有名な風物詩の一つです。

毎年1月9~11日に開催をされます。
1月9日は宵戎、10日は本戎、11日は残り戎と言います。
この3日間の人出は、毎年約100万人にものぼり、参道沿いには出店がならび人の波が続きます。

「えべっさん」と言えばやはり「福娘」です。
「福娘のコンテスト」は、テレビで放映されており、何といっても高い競争倍率を勝ち抜いて、福娘を射止めている幸福を授かった素敵な彼女達40人です。
以前は「福娘に選ばれれば良縁に恵まれる」と言うジンクスがありましたが、今や就職の肩書きの一つです。
そんな福娘達から笑顔と幸福を授けて欲しくて人混みの中、福笹をもち小判や米俵、鯛・銭袋などの吉兆を付けてもらいます。

この活気と金色の烏帽子と白い着物姿の福娘の笑顔を尊顔すると、人混みの疲れも忘れ、お顔はえびす顔になり、お財布の口も緩みっぱなしです。
吉兆や御札や小宝を
福娘に結びつけてもらうため、
可愛い福娘の前には福笹の波です。
一つ1000円の飾りを飾りますが、
さすがに多くなると笹は折れそうです。
関西の会社では、この今宮戎の飾りを付けた目にします。

混んだ参道を抜け、
境内にたどりつき福笹を手にしますが、
福娘に吉兆をつけてもらう福笹を手にした参拝者で境内はごった返しており、
例年社務所から望遠レンズで撮影をします。
手前の福娘さんのお顔は福笹の波に隠れて見えません。
福笹を持つ参拝者が動く瞬間を狙いますが、
今年の福笹の波は切れる瞬間がなかったので、
一生懸命に吉兆をつける福娘さんの輝く瞳を撮影対象に変更をしました。
やはり福笹で切らないようにした、
テープが参拝者の数を物語っているようにも思いました。

今宮戎神社の創建は600年です。
推古天皇の頃で、聖徳太子の四天王寺建立にあたり西方の守り神として祀ったのが始まりだそうです。
平安時代にはこの神社から宮中に鮮魚を奉献していたそうです。

♪商売繁盛で笹もって来い♪のお囃子で
福娘も参拝者もえびす顔♪
掲示板には今年の福娘さんを皆さんからご紹介頂いていますので、
私からは真剣な福娘さんの表情をお届けします。

今宮戎の十日戎には、可愛いハーフの福娘さんが登場をしていました。

↓ ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

紅葉の護王神社(2画像)

e_03.gifFC2 Blog Ranking


[TOP] next >>
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。