プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/12/29//Thu.
新梅田シティ・空中庭園
20051229184150.jpg

20051229184208.jpg

20051229184306.jpg

20051229184331.jpg

20051229184417.jpg

20051229184435.jpg

20051229184452.jpg

20051229184534.jpg

20051229184551.jpg

20051229184608.jpg

20051229184622.jpg

20051229184638.jpg

20051229184655.jpg

20051229184710.jpg

20051229184725.jpg

20051229190845.jpg

20051229184740.jpg

20051229184756.jpg
梅田スカイビルは、世界初の連結した超高層ビルで40階(170メートル)です。
ウエストタワーとイーストタワーの最上階は、中央吹き抜けの回廊になり360度のパノラマが楽しめる「空中庭園展望台」となっており眺めが最高です。おまけに夜景が素敵です。

また梅田スカイビルの南側には、「中自然の森」があり、蛍の時期は蛍も楽しめます。
北側には、花畑があり都会のオアシスです。
なお、地下一階では、昭和の初期のレトロ街(滝見小路)を楽しめますし、ビルには、映画館などもあります。直ぐ横には、ウェスティンホテル大阪もあり待ち合わせやデートを楽しむことも出来ます。

2つの超高層ビルを建て、最後に空中庭園展望台を、ジャッキで上げました。その日は、小雨がふり、お昼を過ぎ窓の外を見ると、左右のビルがまるで門のようにあっと大変身しており、その変貌ぶりと技術に驚きました。バブル期の思い出です。

毎年、空中庭園の真下の広場に10万個のイルミネーションでが輝く27メートルの世界最大級のクリスマスツリーが楽しめます。
今年も、11月18日~12月25日まで「ドイツクリスマスマーケット大阪2005」が開催されていました。
今年もまた木製で世界に4台しかない110年の歴史を持つメリーゴーランドが、ドイツからやってきていました。
今年は、特にメリーゴーランドと空中庭園を狙ってみました。

上から狙うツリーも素敵です。
なお、2003年のクリスマスツリーも今回、一緒にUPをしてみました。

スポンサーサイト
2005/12/26//Mon.
OSAKA光のルネサンス2005
20051226074943.jpg

20051226074422.jpg

20051226074437.jpg

20051226074452.jpg

20051226074508.jpg

20051226074524.jpg

20051226074539.jpg

20051226074555.jpg

20051226074610.jpg

20051226074626.jpg

20051226074640.jpg

20051226074656.jpg

20051226074713.jpg

20051226074731.jpg
大阪府立中ノ島図書館は、大阪市役所と中之島公会堂の間にある国の重要文化財です。
1900年、住友吉左衛門友純氏からの寄付で建築をし、1904年開館をしました。
設計は、住友家の技師野口孫市と日高胖(ゆたか)でネオバロック様式です。
正面横から入り、ホールを見ると荘厳です。
コリント式円柱の正面は、ギリシャ神殿を彷彿とさせます。
OSAKA光のルネサンス2005では、この図書館も光のルネッサンスに包まれました。
正面入り口の壁面をスクリーンに見立て、
音楽に合わせて歴史ある中之島図書館が鮮やかな光で彩られました。



2005/12/22//Thu.
お初天神・露天神社
20051222143244.jpg

20051222143305.jpg

20051222143341.jpg

20051222143405.jpg

20051222143424.jpg

20051222143448.jpg

20051222143503.jpg

20051222143516.jpg

20051222143531.jpg

20051222143555.jpg

20051222143609.jpg

20051222143854.jpg

20051222143910.jpg
梅田の摩天楼のようなビル街に、
創建1300年の歴史がある「露天神社」があります。

露天神社は、菅原道真公がこの場所で歌を詠んだ事がいわれです。

「露と散る 涙は袖に 朽ちにけり 都のことを 思い出づれば」

この「露天神社」は、「曽根崎心中」の舞台になった場所で
別名「お初天神」の名前で親しまれています。
内本町醤油屋平野屋の手代徳兵衛が、
新地の遊女お初と「曾根崎天神の森」にて心中した出来事が、
その当時大阪の話題となり、
近松門左衛門は劇化をし、「曽根崎心中」となりました。
何度か文楽を見ましたが、お初の手をとり駆け落ちをする仕草は
人形と思えません。
人形に命が吹き込まれ、
「うしろぶり(人形の後ろ姿)」に色香を感じます。
腰の赤いひもが艶やかでますます叙情的です。

「この世の名残り、夜も名残り
死に行く身をたとうれば あだしが原の道の霜
ひとあしずつに消えて行く
夢の夢こそ哀れなれ

鐘の聞き納め・・・」(曽根崎心中より)

森の雫と散った徳兵衛は25才。お初19歳の短い命でした。

なお「お初天神通り」には、吉本のうめだ花月シアターがあります。
この商店街の近くには、お寿司屋さんやおそば屋さんなどがあり、ついついフラフラとします。
境内の横には近松門左衛門の「廓文章」の夕霧太夫から
「夕霧そば」と銘名されてたお店もあります。柚の香りが大好きです。

車が行き交う新御堂や、会社員などの通勤姿見られる繁華街から
一歩境内に入ると都会の喧騒が嘘のような静かな雰囲気ですから、
きっと梅田の繁華街を忘れてしまいます。
(一番近い新御堂からは、約10メートルです。)

人形浄瑠璃「文楽」は、ユネスコの「世界無形遺産」となりました。
なお文楽の画像は、新版歌祭文よりお染久松 「藏の中」です。(神宗さんでガラス越しに撮影をさせていただきました。)

2005/12/19//Mon.
MBSとLOFT(大阪市北区茶屋町)
mbs1.jpg

mbs2.jpg

mbs3.jpg

mbs4.jpg
関西のテレビ局4チャンネルは、MBSです。
ここでは、キャラクター 『らいよんちゃん』が有名で、その横には、チチンプイプイの「ぷいぷいさん」かビルの上で出迎えてくれます。
その横にはLOFTがあり、恋人達のデートスポットです。
そんなデートの邪魔をする私は、魔女かも・・・。

2005/12/18//Sun.
梅田芸術劇場(梅田コマ・飛天)
20051218155250.jpg

20051218155304.jpg

20051218155316.jpg

20051218155328.jpg

20051218155340.jpg

20051218155358.jpg

20051218155410.jpg
「梅田コマ劇場」が「飛天」になり、飛天では知名度が低いので、また梅田コマになり、現在は「梅田芸術劇場」となっています。

メインホールもよく利用しますが、シアター・ドラマシティのホールは、舞台との距離が近く、一体感と臨場感がある舞台で大好きです。
椅子の配置がお気に入りです。

2005/12/17//Sat.
HEP FIVE(梅田)の夜景
021224HEP1.jpg

051216HEP2.jpg

051216HEP3.jpg

051216HEP4.jpg

051216HEP5.jpg

051216HEP6.jpg

051216HEP7.jpg

20051217073343.jpg

031002HEP9.jpg

HEP(阪急エンターテイメントパーク)は、旧阪急ファイブとナビオ阪急が一体化して
平成10年にオープンしたビルです。
「HEP FIVE」から観覧車が見えます。
最上部の高さは、106メートル、直径75メートルで、
冷暖房完備の四人乗りのゴンドラが52台あります。
運がよければ明石海峡まで見えます。
なお乗り場は7階にあり、石井竜也さんデザインの赤鯨の親子が出迎えてくれます。

「レ・ミゼラブル」を観劇した後での数分間の撮影です。
この後南での予定がありゆっくり鯨と遊べず残念でした。
広角で狙いたい素材ですから、
次回はレンズ「オリンパス ZUIKO SHIFT 35㎜ 1:2.8」で試し撮りをしてみます。

2005/12/16//Fri.
江戸三(奈良公園から)
20051216071319.jpg

20051216071331.jpg

20051216071351.jpg

20051216071412.jpg

20051216071442.jpg

20051216071501.jpg

20051216071520.jpg

20051216071537.jpg
江戸三は、奈良公園の中にあり志賀直哉なども愛した由緒ある料理旅館です。
離れの客室でそれぞれが和風木造作りで異なり趣があります。
木戸の外では、鹿がお出迎えです。


2005/12/14//Wed.
旧奈良県物産陳列所
20051214212705.jpg

20051214212725.jpg

20051214212744.jpg

20051214212803.jpg
旧奈良県物産陳列所は、明治35年に竣工したもので、関野貞氏による設計です。
洋風な木造桟瓦葺に、正面には唐破風の車寄せを付けた宇治の平等院の鳳凰堂風の建物です。
1983年に国の重要文化財に指定されており、現在は、仏教美術資料研究センターとなっています。

2005/12/13//Tue.
猿沢の池
20051213053520.jpg

20051213053534.jpg

20051213053547.jpg

20051213053619.jpg

20051213053639.jpg

20051213053654.jpg

20051213053725.jpg

20051213053750.jpg

20051213053812.jpg

20051213053824.jpg

20051213053837.jpg

20051213053851.jpg

20051213053904.jpg

1.jpg

20051213053918.jpg
猿沢の池から五重塔を見る眺めは、奈良を代表する風景の一つです。

天皇の寵愛が薄れたと嘆いき悲しんだ采女がこの猿沢の池に身を投じたため、
その霊を慰めるために池の畔に采女神社が祀られました。
中秋の名月には、「采女祭」が行われ、この猿沢の池でも、竜頭船が浮かび雅楽の調べが流れます。
また九重塔の横に地蔵さん、その横に柳があり、采女が入水する時に、衣を掛けたと言われる「衣掛け柳」があります。
入水といわれていますが、他には、入水と見せかけて、生まれ故郷の恋人のもとへ向かったとも言われています。

吾妹子が寝くたれ髪を猿沢の池の玉藻にみるぞ悲しき 
(万葉集)より

朝目覚めた時、あなたの乱れ髪と池の藻をだぶらせて嘆き悲しんでいます。
なんと艶っぽい表現で恋人の思いを詠っているのでしょうか?
興福寺の五重塔が映る池の風景と対照的です。

2005/12/12//Mon.
鷺池の浮見堂
20051212060739.jpg

20051212060756.jpg

20051212060811.jpg

20051212060827.jpg

20051212060845.jpg

20051212060905.jpg

20051212060920.jpg

20051212060935.jpg

20051212060950.jpg
奈良公園の鷺池のなかに建つ六角形の建物が、浮見堂です。
水面に映し出され、湖面でゆらめく姿は、
幻想的です。
まさに「あおによし」ですね。(笑)


[TOP] next >>
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。