プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/10/31//Mon.
しょうざん 光悦芸術村(鷹峯) 京都市北区
20051031054230.jpg

20051031054249.jpg

京都東山は、名刹や古刹がいっぱいで普段から人気の観光スポットです。
紅葉の時期になると、永観堂、東福寺、真如堂、南禅寺、南禅寺、青連院門跡など観光客が詰めかけます。
そこで、観光客を避けて洛北へ向かいます。
円形の窓からの紅葉が素晴らしい源光庵、
名妓・吉野太夫の眠る常照寺、数々の茶室がたたずむ光悦寺などの紅葉を鑑賞します。
後一つは、紅葉のスポットにはなかなか登場しませんが素敵な場所があります。
洛北の鷹峯三山を借景にした「しょうざん」は、落ち着いた場所で、苔と北山杉、そして紙屋川が流れる北庭園があります。お食事をしながら紅葉を愛でる贅沢ができます。

PS.写真に夢中で、くれぐれも閉門のお時間をお忘れなく。
午後5時で閉門です。

スポンサーサイト
2005/10/31//Mon.
常照寺(鷹峯) 京都市北区
20051031053541.jpg

20051031053600.jpg

20051031053617.jpg

20051031053634.jpg

20051031053653.jpg

20051031053710.jpg

1616年に、本阿弥光悦の土地寄進とその子光嵯が、身延山より寂照院日乾上人を迎えて創建しました。
名妓として有名だった吉野太夫の縁の寺で、
吉野太夫が寄進した「赤門(吉野門)」やお墓があります。
歌舞伎俳優や芸能人がお参りをします。
撮影する時も、後援者とご一緒の着物姿の粋な女性に会いました。


2005/10/30//Sun.
光悦寺 (京都市北区)
20051030023235.jpg

20051030023311.jpg

20051030023329.jpg

20051030023351.jpg

20051030023407.jpg

20051030023426.jpg

20051030023512.jpg

江戸時代初期に本阿弥光悦が立てた草庵跡で、
光悦亡き後は、日蓮宗の寺院となっています。
「光悦垣」で有名なお寺です。
ゆるやかに孤を描いており、
 牛の寝た姿に似ているところから
「臥牛垣」ともいわれています。
境内には、七つのお茶室もあります。
駐車場横にある敷き詰められた敷石と紅葉が素晴らしく、
出掛けると紅葉にそまる石畳を踏みしめます。
観光客が急ぎ歩く石畳でついつい足を止めて、
白い塀と、足下には苔と石畳、そしてそれらを染める紅葉を愛でます。
最近はタクシー運転手さんに紹介された観光客をよく見かけます。

2005/10/27//Thu.
源光庵 (京都市北区)
20051027073005.jpg
20051027114809.jpg

20051027114832.jpg

20051027114852.jpg

20051027114933.jpg

20051027115754.jpg

20051027115011.jpg

20051027114951.jpg

臨済宗大本山大徳寺二代徹翁国師により、貞和2年(1346年)に創建されました。
この禅寺で有名なのが、元禄7年創建の本堂にある、「悟りの窓」と、「迷いの窓」です。

『 悟りの窓 』        

本堂にある悟りの窓は、円型で、大宇宙を表し、また「禅」と「円通」の心も表しています。
白壁と紅葉のコントラストも大変感動的です。

『 迷いの窓 』

悟りの窓の横にあります。人の生涯を象徴し、「生老病死」「四苦八苦」を表わしているそうです。
障子越しに見る紅葉や庭は、素敵です。

観光パンルレットには、この二つの窓の紹介ばかりが目につきますが、私は。もう一つの窓も大好きです。「迷いの窓」から覗いて左側にあります。
また血天井は、伏見桃山城の遺構を移築しており、今も自刃して果てた時の血痕が見られますし、枯山水の庭園「鶴亀の庭」を鑑賞する楽しさもあります。
某CMで放送され、ますます人気があるお寺で観光客がいっぱいですが、クリンソウが紅葉と一緒に出迎えてくれました。
床には緑色で球系の菊が生けてあり、机には、「高野白玉」が一輪挿しの中で凛としていました。

2005/10/23//Sun.
天龍寺 嵐山 (京都市右京区)
20051023194259.jpg

20051023194318.jpg

20051023194339.jpg

20051023194358.jpg

20051023194434.jpg

20051023194506.jpg

20051023194531.jpg

20051023194549.jpg

20051023194606.jpg

20051023194622.jpg

20051023194639.jpg

嵐山駅から中ノ島公園を抜けて渡月橋を渡り、お土産やが並び観光客が行き交う中を歩いていると左手にあります。
京都五山第一位の寺格を誇る臨済宗天龍寺派の大本山で世界文化遺産です。
足利尊氏が後醍醐天皇の供養のため夢窓疎石を迎え開山し創建をしました。
法堂、方丈などがあり、曹源池庭園は、日本で最初に特別史跡名勝に指定されました。
(撮影日 2002年11月14日をメインに編集をしています。)

2005/10/22//Sat.
日本民家集落博物館
20051022183822.jpg

20051022183856.jpg

20051022183914.jpg

20051022183931.jpg

20051022183840.jpg

服部緑地公園の一角に日本民族集落博物館があります。
1956年、ダムに水没する飛騨白川の合掌作りの民家を関西電力が大阪府に寄贈し、
1960年には、日本で最初の野外博物館となりました。
現在、岩手県の「南部の曲家」から、
南は「奄美大島の高蔵」まで、
日本全国の江戸時代の農家が約3万6千平方メートルの広さに移築をされており、
国指定重要文化財4棟、
大阪府指定文化財5棟、未指定3棟の12棟があり、
ゆっくり見ていると1時間はかかります。
三脚は使用出来ませんが、季節の花も植えられており隠れた穴場です。

公園には、テニス場や乗馬クラブ、野外音楽堂、
円形大型花壇、植物園などがありいろいろと楽しめます。
子供もバギーに乗りながら良く訪れてた場所で、
大きくなると子供会や幼稚園で訪れ、
博物館などは、小学校の校外学習で何度も訪れた場所です。

駅から歩いて行ける「都会のオアシス」で、
囲炉裏の温もりに「ノスタルジー」を味わえます。

(撮影日 2005年10月22日 小雨)


2005/10/21//Fri.
南禅寺 京都市左京区
20051021065610.jpg

20051021065632.jpg

20051021065658.jpg

20051021065723.jpg

20051021065742.jpg

20051021065803.jpg

20051021065922.jpg

20051021070440.jpg

20051021070655.jpg

20051021065945.jpg

臨済宗南禅寺派の大本山です。
国宝の方丈には、枯山水庭園「虎の子渡し」があり、
狩野探幽作虎の襖絵も有名です。
足利義満が相国寺を造ったので、南禅寺を五山の
上に置き「五山之上」と言う禅宗寺院最高の
寺格となり、五山文化の中心となりました。

南禅寺の山門は、石川五右衛門の伝説で有名な門です。
日本三大門の一つです。山門横の紅葉は、赤と黄色で美しいです。

琵琶湖から京都へ流れる運河は、琵琶湖疎水です。
その支流が南禅寺境内の奥にある、
古代ローマの水道橋を参考にした「水路閣」を流れます。
歴史的建物が立ち並ぶ境内に
美しくマッチした煉瓦造りのアーチ型です。

2005/10/18//Tue.
何有荘の四季 京都市左京区
20051018062653.jpg

20051018062722.jpg

20051018062744.jpg

20051018062805.jpg

20051018062825.jpg

20051018062844.jpg

20051018062905.jpg

20051018062922.jpg

20051018062942.jpg

20051018062957.jpg

20051018063014.jpg
亀山天皇の別邸だった南禅寺山門が消失していたので、明治の始め、
南禅寺管長が、この場所を売却しました。
稲畑勝太郎が購入し、
1895年に小堀遠州の第一人者「小川治平」に作庭を命じ面積6000坪の大庭園を作りました。
紅葉や苔などが、それぞれ17種類あり、
滝や茶室も配置された回遊式庭園です。
その後この場所を大宮庫吉が譲り受け、
「和楽園」から「何有荘(かいうそう)」と命名しました。

毎年、蹴上から南禅寺に向かう道の塀越しに綺麗な紅葉を眺めていましたが、
百年ぶりの一般公開の看板に吸い込まれました。
明治天皇が愛された茶室へ向かわれた岩窟のトンネルを歩き、
明治の頃、海外高官来賓の国際社交場となったこの庭園で
一人カメラを片手にくつろぎました。
拝観料は、大人1000円です。
700年の歴史を刻む名庭園からは京都御所や、
南禅寺の三門、吉田山が見下ろせました。


2005/10/16//Sun.
大阪万博公園(コスモス)
20051016065739.jpg

20051016065758.jpg

(撮影日 2005年10月14日)
自然文化園 「花の丘」では11月13日まで「万博公園コスモスフェスタ」が、開催をされています。
シーシェルや、イエロー・ガーデン、ピコティーなど
約30万本のコスモスが咲き誇りピンクや黄色の絨毯です。

今年もコスモスの開花にあわせた秋咲きのヒマワリが咲いています。
昨年は虫がついて残念でしたが、今年のヒマワリは、本当に素敵です。
撮影をしている私の耳には、「こんな大きなひまわりを初めて見たわ。」と、
入園者からの声が何度も聞こえました。

今年も13日の14時から園内のコスモスをプレゼントされるそうです。
また自転車のかごにいっぱいのコスモスを入れて走る、
人々の姿が今年も見られそうです。
2002.jpg

(撮影は、2002年)
2004.jpg

(撮影は、3004年)

2005/10/15//Sat.
真如堂の紅葉 京都市東山区
20051015172930.jpg

20051015172952.jpg

20051015173009.jpg

20051015173028.jpg

20051015173045.jpg

20051015173105.jpg

20051015173127.jpg

20051015173145.jpg

20051015173200.jpg

20051015173216.jpg

正式な寺名は真正極楽寺。
紅葉の名所として名高く、大勢の人で賑わいます。
開祖は戒算上人が、984年に開山しました。
境内では、赤く染まった紅葉や楓、銀杏など楽しめます。
近くには、銀閣寺や哲学の道などがあり、シーズンは混み合います。
バスのアクセスなら白川通りの5系統が便利ですが、混み合いますので注意が必要ですし、シーズンの境内には、貸し切り観光タクシーもいっぱいですから撮影にはご注意下さい。
私は、いつも京大の横の吉田山から散策をします。

お寺には、歴史の中で登場する方々のお墓が数多くあります。
裏話は、アニメ「一休さん」で登場する「新右衛門さん」の蜷川家のお墓もこの真如堂にあります。
しかし、観光客はいつも紅葉を堪能して行き過ぎます。
(撮影日 2004年11月29日)

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。