プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/09/14//Thu.
話題の「高野槙」と「高野山奥の院」
20060914102145.jpg

20060914102202.jpg

20060914102217.jpg

20060914102232.jpg

20060914102252.jpg

皇室では、41年ぶりに男子がお生まれになっそうで、そのお印が「高野槙」です。
今回は、「高野山奥の院」と「高野槙」のご案内です。
鬱蒼とした杉の古木と苔に覆われた一の橋から弘法大師の御廟のある高野山奥の院までの約2kmにわたり、
その参道の両側には、平敦盛、熊谷直実、武田信玄、豊臣秀吉、徳川家康など武将や大名、
そして有栖川宮、近衛家、春日局の供養塔が立ち並んでいます。
鎌倉時代から現代まで約20万基の墓碑が並び、その中には、芭蕉・誓子・虚子の句碑や、
与謝野晶子の歌碑などもあり、
熱い信仰心を感じます。

静謐な中、緊張感をほぐしてくれるのは、
企業が亡くなった関係者を供養するために作った墓です。
企業の特徴を表しておりそれぞれがユニークな形をしておりほっとします。

「高野槙」は、御仏前やお墓に供える切花で高野山では色々な所で目にすることが出来ますし、販売もしています。
なお、お遍路では四国八十八ヶ寺巡りで「結願」し、 高野山にお参りすると「満願」となります。

「高野の火祭り」(和歌山)19画像

金剛峯寺 12画像

根本大塔など(高野山の金剛峰寺)11画像

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
2006/03/09//Thu.
根本大塔など(高野山の金剛峰寺)

b0603050202.jpg

a0603050168.jpg

c0603050152.jpg

d0603050184.jpg

e0603050174.jpg

f0603050201.jpg

g0603050134.jpg

h0603050199.jpg

i0603050210.jpg

j0603050186.jpg

k0603050175.jpg
空海は、嵯峨天皇から京都の東寺をあたえられ、
教王護国寺と名付け密教の中心道場とし、
高野山に金剛峰寺を開祖しました。

境内では、根本大塔の艶やかさが目に飛び込んできます。
高さ48.5㍍の朱塗りの大塔で、多宝塔としては日本最初のものです。
胎蔵界の大日如来と金剛界の四仏が祀られています。
また巨杉に包まれた高さ27メートルの西塔や、
東塔や荒川経蔵などが、杉の木立に佇んでいます。
いにしえびとの姿を偲びながらお参りをしました。

2001年にお参りした時は、霊宝館の特別公開に出掛けました。
嵯峨天皇と橘逸勢、そして空海は、三筆とよばれています。
掛け軸や、運慶などの仏像も見ましたが、
平清盛が自らの血を絵具に混ぜて描かせたと伝えられる重文・両界曼陀羅図を拝見し、その気迫に釘付けになったものです。

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

2006/03/08//Wed.
金剛峯寺
20060308173024.jpg

20060308173046.jpg

20060308173103.jpg

20060308173120.jpg

20060308173138.jpg

20060308173153.jpg

20060308173208.jpg

20060308173225.jpg

20060308173239.jpg

20060308173253.jpg

20060308173312.jpg

20060308173328.jpg
高野山は、弘法大師空海が、
819年頃開いた真言密教の聖地です。

海抜千メートルの山上にあって
周囲を高嶺に囲まれており、百十数の寺があります。
今回もその総本山金剛峯寺にお参りをしました。
なおこのお寺には、日本最大級の石庭「蟠龍庭」もあります。

高野山は、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されています。

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking


2006/03/06//Mon.
高野山・「高野の火祭り」(和歌山)
20060306152645.jpg


20060306152730.jpg

20060306152800.jpg

20060306152837.jpg

20060306152854.jpg

20060306152910.jpg

20060306152925.jpg

20060306152940.jpg

20060306152955.jpg

20060306153019.jpg

20060306153039.jpg

20060306153056.jpg

20060306153113.jpg

20060306153128.jpg

20060306153142.jpg

20060306153156.jpg

20060306153942.jpg

20060306153225.jpg

20060306153241.jpg
2006年3月5日(日)午後1時より
金剛峯寺前駐車場で開催された「高野の火祭り」に出掛けました。
雪が残る高野山では、
このお祭りが高野山の春の山開きを告げるお祭りで、
四国霊場開きの合図となります。

読経とほら貝の響く中、
山伏が燃え盛る護摩壇に願い事を書いた木札を投げ入れました。

人々の願いは、炎と煙となり、
怒濤の如く青空に舞い上がり、
熱気となり天へ届けられました。

「天狗太鼓」奉納などもあり、
荘厳なお祭りにお参りをしお守りも頂きました。

「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産にも登録をされています。
なお、日本三大霊山(高野山・比叡山・恐山)の一つです。

高野山観光協会・宿坊組合サイト 

http://www.shukubo.jp/

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking


[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。