プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/04/17//Thu.
勝尾寺の桜情報
_DSC8787a.jpg

_DSC8785a.jpg

_DSC8792a.jpg

_DSC8759a.jpg
(撮影日 2014.4.17)
本日は、箕面市役所南の道から
ミヤコ蝶々記念館前を抜け、
桜ヶ丘方面にかけて車を走らせました。
やはりこの時期ですから、
道路の両側では、いろいろな種類の桜が
今が盛りと咲いていました。
(この周辺は、ソメイヨシノ以外の
桜が街路樹となっています。)

車中には、新入生達が、ピカピカの鞄や
ちょっと大きめの制服を身に着けて桜の下を
登校している風景が飛び込んできました。

池田で官公庁の用事を済ませましたが、
お天気に誘われて勝尾寺へ道草をしました。
京都のソメイヨシノが終わる頃、
境内が、桜で見ごろとなるお寺です。
境内は、桜や山吹、シャガなどに彩られていました。
おまけにお遍路さんのツアーや
カメラマンは、もちろん
転勤先になった箕面を観光案内中と思われる
サラリーマンの上司と部下にもお会いしました。

お花も人も、春ならではの風景です。

<本日の勝尾寺の桜情報です。>

約8万坪の境内には、ヤマザクラやカンヒザクラなど、
おおよそ3000本もの桜が咲きます。
ご覧のように薄紅色の枝垂桜が、見ごろでした。

201104180600153cc

2011.4.17撮影 勝尾寺の桜情報です。

<勝尾寺について>

奈良末期神亀4年(727年)
善仲・善算両上人が草庵を構え、
光仁帝皇子開成(桓武帝の異母兄)が弥勒寺と名付けました。
この寺の仏法の祈願力には時の朝廷の権力も及ばず、
清和天皇の病気治癒を祈り効験したので
王に勝った寺「勝王寺」の寺号を賜りました。
しかし寺は王を尾の字に控え、
以来「勝尾寺」(かつおうじ)と号しています。
1184年の源平合戦で焼け落ちましたが、
源頼朝が再建し、現存する薬師堂は源頼朝、
本堂に山門は豊臣秀頼の再建です。

旧参道には寺までの距離を示す
我が国最古の8基の石塔(町石)が現在も残っています。
源氏・足利氏などの覇者が勝ち運を祈り、
今はスポーツや試験、選挙、商売など勝負の勝運の寺としても有名です。
石の階段を上がると、勝ちだるまが出迎えてくれます。

勝尾寺にあることば、
「すべては自分に勝つために」
誰に勝つより自分に勝つことが一番大切で難しいですね。

(パンフレットより)

スポンサーサイト
2014/04/09//Wed.
萱野三平と桜(大阪府箕面市)
箕面風景_DSC8576a

箕面風景_DSC8594a

箕面風景_DSC8584a

箕面風景_DSC8588a

箕面市、吹田市、豊中市、池田市、豊能町、能勢町が、
設立した豊能広域こども急病センターから、
赤穂浪士の物語でも有名な萱野三平のお墓まで
夕暮れとぎを散策しました。

<萱野三平について>
萱野重実(かやのしげざね)の通称は、三平です。
俳号涓泉(へんせん)です。

浅野内匠頭が切腹し、お家取り潰しの報せを
赤穂まで早籠で伝えたのがこの萱野三平です。
三平が知らせを届ける道中に実家によると、
母の葬儀に偶然出くわしましたが、
「浅野家の一大事。」と、
赤穂への使いに急いだ人です。
忠臣蔵のドラマでは、
腰元と駆け落ちしたと描かれています。
私もその話を信じていましたが、
実際は、旧主への忠義と
父への孝行との板挟みになやみ切腹したそうです。

辞世の句
「晴れゆくや 日ころ心の 花曇り」

1月14日が、三平の命日でした。
旧主への忠義と父への孝行との
板挟みによる心の葛藤の為
赤穂義士の討ち入り前に自害してしまいました。

千里川の側を歩きながら、
桜越しに見える箕面の山々の山桜を眺めながら、
28歳で旅立った三平が、
忠臣蔵のドラマのように
愛する腰元でもいたらと思ってしまいました。

現在も屋敷跡があり、
千里川の横ではお墓があり、
箕面の山々を背にしながら、
桜の花に染まりながら眠っています。

(大阪府箕面市にて)

2014/04/01//Tue.
箕面市船場西のソメイヨシノ
_DSC8401a.jpg
(夕日に染まるソメイヨシノ)

_DSC8397a.jpg

_DSC8416a.jpg

_DSC8403a.jpg

_DSC8324a.jpg

春爛漫の季節到来です。
ブログへお問い合わせのあった
露光間ズーミングで撮影をしてみました。
(本日の箕面市船場西です。)

<関西の桜特集>

京都・奈良・大阪・兵庫などの桜特集

2014/03/30//Sun.
箕面のソメイヨシノ
_DSC8215a.jpg
(撮影日 2013.3.30 17:30過ぎ)

今日の箕面は春の雨が、
強風と共に時折激しく降り、
窓のガラスを洗い流すほどでした。

_DSC8165a.jpg

「春の嵐」をイメージして、
ズーミングしながら、回転をかけました。

_DSC8097a.jpg

山には、チラホラと山桜が見えるようになりました。
これから、新緑が芽吹き、
山が笑う季節の到来です。

_DSC8135a.jpg

雨上がりのため、夕焼けは拝めませんでした。

_DSC8150a.jpg



2014/03/10//Mon.
2014年 桜情報(大阪から)
_DSC7937a.jpg

_DSC7931a.jpg

河津桜は、静岡県河津町の「桜祭り」が有名です。
そんな河津町から寄贈された桜が、箕面市(大阪府)にあります。
場所は、みのおキューズモール(旧ビィソラ)です。

先週から蕾が膨らんでおり
開花の日を待ち遠しくしていました。
金曜日、用事のついでに歩道側にある桜を見ると数個が咲いていました。

周辺には、メルセデス・ベンツやアウディの車のお店がありますが、
敷地にはオオイヌノフグリなど春の花が斜面にいっぱい咲いています。
三寒四温で、また寒い箕面ですが、
ヒメジョン、ホトケノザ、梅などが咲いており、
春は確実に訪れています。

マクロ撮影には、大変ですが、
河津桜は、強い風に揺られながら健気に咲いていました。

(撮影日 2014年3月9日)

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。