fc2ブログ
プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
2018/06/29//Fri.
中之島公会堂
DSCN1618a.jpg

DSCN1619a.jpg

大阪も夏日です。
地上を歩くと暑いのでついつい地下ばかり歩きます。
ディアモールから第四ビル、第三ビルと地下を歩きながら
国道1号線と国道2号線が交わると地下も終わりとなり
F-92番出口です。
日傘をさして歩きますが、
地上にでると気温差と日差しがきついです。
目的地のANAクラウンプラザホテル大阪に到着するとほっとしました。
中之島散策です。
スポンサーサイト



2018/06/16//Sat.
東洋陶磁美術館
友人が、「フランス宮廷の磁器 セーブル製造の300年展」に、
招待をして下さいました。
「太陽の王」「朕は国家なり」の言葉を残した
フランス国王ルイ14世の栄光が詰まった
煌びやかなヴェルサイユ宮殿を飾った、
ポプリや化粧品入れ、カップやお皿などの
陶磁器を見てきました。
DSCN1480a.jpg
国王ルイ15世が寵愛したポンパドゥール夫人が、
ヴァンセンヌ窯をセーブルの地に移し、
王立の磁器製作所「セーブル」として発展しました。
DSCN1498a.jpg

館内では、皆さん器の美しさを鑑賞されておられます。
しかし、マンガ「ベルサイユの薔薇」を見て育った私でから
また・・・・・・・・・

ポンパドゥール夫人って国王15世の愛人で、
フランスの地方の名前を付けられた女性。

ブルジョワ階級の出身だった彼女は、
教育と美貌に磨きをかけて国王の寵愛をえて、
政治の舞台に躍り出た女性。

彼女は、鍵造りが趣味で政治に無関心の国王15世に代わり
政治や外交に口をだし、贅沢の限りをし
フランスの財政難をますます拡大させた女性。

しかし、芸術家や建築家など文化面を育てた功績は今も残り、
セーブル磁器は、ヴェルサイユ宮殿に負けない存在感のある
王者のブルーと金彩模様となり、
今も愛用をされています。
DSCN1470a.jpg
マリーアントワネットが残した言葉、
「パンがなければお菓子を
食べればいいんじゃない」が、有名です。
「浪費家の王妃」、「フランス革命の悪の根源」と
言われるアントワネットが、
愛用したお皿の柄は、可愛い小さなバラが
皿の周辺に入っている
素朴で気品さえ感じるお皿です。

田園風景を好んだアントワネットにピッタリです。
敵国ハプスブルク家のからのお姫様ですから
目の敵にされたのでしょう。・・・と、思いながら拝見しました。

お皿の柄には、田園風景や職業を描いた物、
工房の風景など庶民の生活を感じるものも多数あり、
その時代を磁器から感じる事が出来ます。
DSCN1472a.jpg
煌びやかな美しい陶磁器や、可愛いカップ&ソーサーですが、
年代を見ながら・・・・・・
1789年、バスティーユ牢獄を襲撃してフランス革命が勃発した年の作品。
1793年は、ルイ16世が処刑をされた年の作品。
1776年は、アメリカの独立宣言の作品。
恐怖政治の傍らこんなにも優しい作品に驚きでした。
DSCN1507a.jpg
(日本と交流した作品)

ポンパドゥール夫人亡き後、
マリーアントワネットと対立したもう一人の女性は、
やはりブルジョア階級のデュバリー夫人だったかなあ。

奥の部屋に
いつもの常設展の国宝天目茶碗などが飾ってありました。
この茶碗は、全体が落ち着いた色です。
だけど光の加減により鮮烈な色を発揮してきます。
いつもながら私の心に光を与えてくれます。

ありがとうございました。
2018/06/13//Wed.
中之島公会堂の内部から

DSCN1433a.jpg

DSCN1443a.jpg
(撮影日 2018.6.13)

中之島公会堂DSC_6504
オフィス街の一角に国指定重要文化財
大阪市中央公会堂(旧中之島公会堂)があります。

無機質なビル街に
大正期のネオル・ネッサンスの勇壮な建築様式は、
温かさをを感じる建物です。
中之島公会堂の夜DSC_0168
この大阪市中央公会堂(旧中之島公会堂)は、
大阪の堂島川と、土佐堀川に挟まれた中之島公園に隣接しており、
赤煉瓦の建造物が目につきます。
中之島公会堂DSC_6506
大阪市中央公会堂(旧中之島公会堂)は、
明治44年、大阪北浜の相場師(株式仲買商)の
岩本栄之助氏が私財を寄付し、
大正7年に建築をしました。
中之島公会堂DSC_0219

中之島公会堂DSC_0211

桜の時期の中之島公会堂です。
桜と中之島公会堂

2018/06/08//Fri.
グランフロント大阪周辺
DSCN1248a.jpg
大阪梅田貨物駅跡地、
北ヤードは再開発され
グランフロント大阪などになっています。
_DSC7456a.jpg
_DSC7463a.jpg
御堂筋線梅田駅に行きたいのに
工事のための壁がいたるとこにでき、
迷子にまるしまつ。
友人に迷子になったとぼやくと、
私も最近の梅田は歩きにくい。・・・・・
方向音痴なのか?年のせいなのか?
今にスマホの地図を覗きこんで歩きそうです。
でも、画面が見ずらいのでタブレットでないと無理です。
おっと、人にぶつかりそう・・・。
_DSC7028a.jpg

ここでこっそり・・・
インターコンチネンタルホ*ル大阪の駐車場は、
車幅があり、ミラーもあり
私の運転技術でも入庫、出庫しやすいです。
その後は、新御堂にあがりそのまま北に上がるだけ。
混んでいなければ、15分、
渋滞していれば、・・・・・・・・・あちゃ。これなら姫路や栗東に行けると思いながら
ビルの数階の高さを走る道路でじっとしています。

道から降りるにも降りれない状態。
何があっても降りれない人生のようです。
2014/03/03//Mon.
梅田スカイビル 空中庭園
_DSC7028a.jpg

DSC_0006a.jpg

DSC_0024a.jpg

DSC_0086a.jpg

_DSC7357a.jpg

空中庭園と呼ばれる梅田スカイビルは、
建設して20年近くにまります。

左右にビルを建て、
最上階の部分は、
朝から数時間をかけて、ゆっくりと上がっていきました。

大変印象的な建物ですが、
今や海外でも「世界を代表する20の建造物」に選ばれ、
「未来の凱旋門」と紹介をされています。

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg