プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/26//Sat.
日本三大祭り、「天神祭」
あ陸渡御DSC_0172

い陸渡御DSC_0144

う天神祭りDSC_0395

日本三大祭りは、
京都の「祇園祭」、東京の「神田祭」、
そして大阪の「天神祭」です。

菅原道真が天満宮御鎮座の翌々年
951年に社頭の浜から神鉾を流し、
流れついた浜に斎場を設け「みそぎ」を行ったそうです。
その折り、
神領民や崇拝者が、
船を仕立てて奉迎したのが天神祭の始まりとされており、
一千年の歴史があり、日本屈指の祭典です。

難波の風物詩「天神祭」は、火と水が織りなすお祭りで、
毎年7月24日25日と繰り広げられます。

24日は、宵宮、25日は陸渡御と船渡御です。

天神祭「船渡御」と花火

天神祭、陸渡御

天神祭(陸渡御 )

天神祭(船渡御)

ラキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
2007/09/20//Thu.
だんじり祭 (筋海町の「やり回し」)
20070920064555.jpg

20070920064609.jpg

20070920064624.jpg

20070920064636.jpg

岸和田だんじり祭は有名です。

9月の岸和田旧市、10月は山手地区だんじり祭です。
しかし、
だんじりは、大阪市、堺市、東大阪市、神戸の茶屋区、西宮市、和歌山の橋本、貝塚など関西の至る所に点在しています。

筋海町の「やり回し」を狙っています。
駅前通商店街を上がり、岸和田駅前を左折し大阪方面に向かっていきます。

2007年 だんじり・その1

2005年 だんじり・その1

2005年 だんじり・その2

2005年 だんじり・その3

↓ ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking


2007/09/16//Sun.
2007年 だんじり祭
20070917000452.jpg

20070916220426.jpg

20070916220439.jpg

20070916220450.jpg

20070916220501.jpg

20070916220513.jpg

20070916220534.jpg

20070916220545.jpg

20070916220557.jpg

20070916220608.jpg

20070916220620.jpg

20070916220632.jpg

9月10月は、勇壮な「だんじり」の季節です。

16日は、岸和田のだんじりの「宮入」でした。
「ソーリャ、ソーリャ」の掛け声と共に、
高さ約4メートル、重さ4ドンのだんじりが、
勇壮に岸和田の城下や街道など走り抜けました。

一昨年は、岸和田天神宮、岸和田カンカン前の交差点で撮影を試みましたが、
電柱や電線が入るので今年は、駅前をメインにしました。

だんじりの「やり回し」は、
揃いの法被に身を包んだ鳴物、綱先、綱中、
前梃子、後梃子のそれぞれが息のあった動きをする事によって
勢いよく交差点などを直角に方向転換をします。
その様は勇壮です。

そんな「やり回し」の屋根の上では
「大工方」が飛びはね祭を盛り上げてくれます。

今年もだんじりの屋根の上で勇壮に、
そして華麗に舞う「大工方」を追ってきました。

(撮影日 2007年9月16日)

<岸和田だんじり9月祭礼の日程>
宵宮9月15日
本宮9月16日
(昨年から9月祭礼は、
「敬老の日」直前の土曜日・日曜日となりました。)


2005年 だんじり・その1

2005年 だんじり・その2

2005年 だんじり・その3

↓ ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

e_03.gifFC2 Blog Ranking


2007/08/08//Wed.
天神祭(大阪)
20070808212320.jpg

20070808212348.jpg

20070808212410.jpg

20070808212437.jpg

20070808212506.jpg

zka070725.jpg

大阪は、八百八橋と言われ
幕末の頃には、ベェネチアにたとえられた水の都です。

その大阪の夏の風物詩は、
千年の歴史を誇り、日本三大祭りの「天神祭」です。

学問の神様としてお祭りをされる「菅原道真」が、
901年に、太宰府へ左遷させられた際に参拝をしたのは、
現在、大阪天満宮の境内にある大将軍社だそうです。
その後、村上天皇の勅命としてこの地に天満宮を造営し、
しつしか、大将軍社は、大阪天満宮の境内になり、摂社として祀られるています。

この天満宮御鎮座の翌々年、
951年に社頭の浜から神鉾を流し、
流れついた浜に斎場を設け、
神をお迎えし、穢れを払い、
一年に一度神様が氏地を見回りをされるそうです。
現在は、「鉾流神事」として、
この斎場でとりおこなわれます。

24日の宵宮には、早朝から天神祭を告げる「鉾流神事」「催太鼓」「獅子舞」などがあります。
天満宮を出発し「「旧若松町浜の斎場」に向かいます。
この鉾流橋のたもとには鳥居がたっており、
この場所から船を大川にこぎ出し、船上から神童が神鉾を流し「船渡御」の無事と安全も祈ります。

千年の時が経ちましたが、
今も旧若松町浜の斎場だけは、建物が建ち並ぶ中で、広場となり残っています。

25日の陸渡御や船渡御では、
大阪天満宮を出発した御鳳輩などの行列が、
老松通りを通り、市役所を東に向かい天神橋の北詰めの船乗場をめざします。
18時になると、100隻の船が、大川を行き交い、篝火や提灯が水面に映え、花火が夜空を彩ります。
花火は、川崎橋と桜宮橋の間と、桜宮橋と源八橋の間と二個所から打ち上げられます。

祭りの最中は、大阪裁判所から天満宮など通りには、
御幣がついたしめ縄がはられ祭りムードを味わえます。
7月31日9時頃、鉾流橋横の「鉾流神事」のお祭りをしたテントを見てみると撤収中でした。

2007年 天神祭・その1

2007年 天神祭・その2

テレビにはなかなか登場しない天神祭「陸渡御」・その3

天神祭(船渡御)

天神祭(陸渡御 )・大阪

天神祭(船渡御)と花火

天神祭、陸渡御(大阪天満宮)

ギャル御輿(大阪・天神祭)

ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

2007/08/01//Wed.
テレビにはなかなか登場しない天神祭「陸渡御」
y10707250551.jpg

yy20707250099.jpg

y20707250087.jpg

y30707250073.jpg

y40707250551b.jpg

水の都の天神祭は、水と火の祭典です。
そのためテレビには、登場しない天神祭特集です。
陸渡御の傘踊りなど、
大阪の女性のパワーを感じます。

2007年 天神祭・その1

2007年 天神祭・その2

画像をクリック頂くと詳しい説明があります。

 天神祭(船渡御)

 天神祭(陸渡御)



ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。