プロフィール

kamakun2

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/01//Thu.
撮影の舞台裏(大阪万博記念公園にて)
梅雨の季節になり
皆様から滴の撮影に関する問い合わせが
多くなりましたのでご紹介します。

(HPから見える方、風景とマクロのブログからと、
ここに質問がきていますので、今回はそれぞれのブログに紹介を入れさせていただきます。あしからずご了承ください。
なおメールでのご質問の方々には、またご連絡をさせていただきます。)

HPの撮影の舞台裏でも紹介をしていますが、
今回は、具体的に私の小道具を紹介します。

HPはこちら。

なんと言っても雨上がりの「自然の雫」が、一番です。
映りこみや、光など素晴らしいプレゼントに感激をします。
この素晴らしい雫を見つけたら作品の7割は完成です。

しかし、残念ながらそんな素敵な雫に出合うことは難しく幸運が微笑んだ時です。

どうしても撮影したい時は、
雫を大きくしたり、あるいは、雫を作ります。

でも雨上がりなら安易に出来る雫も晴天の中では大変難しいです。

私は、親指大のサイズの「霧吹き」と「化粧品詰め替え」と使います。

まず最初に雫を付けたい場所へ霧吹きをして下準備をし、
それから「化粧品の詰め替え」で作った雫を付けます。
ただし、霧吹きをして雫をつけるタイミングが、「鍵」です。
また、花によっては雫により花びらが傷つく物もありますので
ご注意下さいね。
私は、そんな時、カヤなど野草に雫を付けて、
その雫の中に季節を演出するように心がけています。

また植物園になどでは、
雫禁止もありますのでくれぐれもマナーは大切にしたいです。

また霧吹きを多く使うと
滴の形が変形して思った球体になりません。

最近は、霧吹きなしの一発勝負で滴を付けています。
(滴の形は良いですが、葉先で風にくるくると回ったりします。)

今週の滴です。

20060601060252.jpg


ちなみに百円ショップの「霧吹き」と「化粧品詰め替え」などは、私の写真撮影の名アシスタントです。

060601-00922.jpg


ブログランキングに参加中です。
気に入って下さったらクリックして下さると嬉しいです。

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
[TOP]
copyright (C) 2006 関西アラカルト(関西フォト・ギャラリー) all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]
//
e_03.gifFC2 Blog Ranking無料ホームページ ブログ(blog)
title060215d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。